「目標」に働かされるキャリア vs「目的」に生きるキャリア

画像: Christian Schnettelker

2010.06.10

組織・人材

「目標」に働かされるキャリア vs「目的」に生きるキャリア

村山 昇
キャリア・ポートレート コンサルティング 代表

目標は「目標疲れ」を生む。中長期のキャリアにおいて最大の防御(=疲弊から身を守ること)であり、かつ最大の攻撃(=意気盛んに働くこと)は「目的」を持つことである。

 「目標」と「目的」の違いは何でしょうか? 私は次のような定義をしています。

 ここで「3人のレンガ積みの話」を紹介しましょう。

 さて、彼ら3人それぞれの「目標」・「目的」は何でしょう? 目標とは、簡単に言えば「成すべき状態」のことです。それらはたいてい、定量・定性的に表わされます。ですから、レンガ積みとして雇われている3人の男の目標は同じです。
 それに対し、目的とは、そこに「意味」の加わったものです。3人は同じ作業をしていますが、そこに見出している意味は違います。目的が天と地ほど異なっています。

 目標をもつことは働く上で必要なことです。しかし、中長期のキャリアにおいて、しばしば「目標疲れ」することが起こります。それはたぶん、その目標が他から与えられたものだからです。
 もし、その目標に自分なりの意味を付加して、目的にまで昇華させたなら、「目標疲れ」は起きません(もしくは、ぐんと軽減されるはずです)。むしろ、大きな意味を付加すれば付加するほど、大きなエネルギーが湧いてきます。

 中長期のキャリアにおいて、最大の防御(=疲弊から身を守ること)であり、かつ最大の攻撃(=意気盛んに働くこと)は、 「目的」を持つことなのです。

 いまスライドに2つの働き様A、Bを示しました。

 働き様Aは、いまやっていることが目標に向かっている形。この場合、目標達成が最終ゴールとなり、目標が達成されたか達成されなかったか、のみが関心事になります。
 一方、働き様Bは、いまやっていることが目標に向かいつつ、もうひとつその先に目的がある形。この場合、最大関心事は目的の完遂、言い換えれば、意味の充足であり、目標達成はそのための手段・プロセスとしてみなされるにすぎません。

 ---さて、あなたはどちらの働き様でしょうか?

 で、働き様Bの形をもっと掘り下げて考えてみましょう。目的は、現実の自分にいろいろなものを向けてきます。ひとつには、「意味・意義」を還元します。「いま自分のやっていることは何のためなのか?」それを問うてきます。
もうひとつには、「やり方」を問うてきます。「目的を成就するためにそんなやり方でいいのか?」「原点となる目的を忘れるな。いまの方向は修正したほうがいいんじゃないか」など。
 そして、現実の自分に「エネルギー」を充填してくれます。人間は意味からエネルギーを湧かせる動物だからです。凄惨をきわめたナチス軍下の捕虜収容所を生き延びたオーストリアのユダヤ人精神科医ヴィクトール・フランクルは『意味への意志』でこう言っています―――「人間とは意味を求める存在である。意味を探し求める人間が、意味の鉱脈を掘り当てるならば、そのとき人間は幸福になる。彼は同時に、その一方で、苦悩に耐える力を持った者になる」。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

村山 昇

キャリア・ポートレート コンサルティング 代表

人財教育コンサルタント・概念工作家。 『プロフェッショナルシップ研修』(一個のプロとしての意識基盤をつくる教育プログラム)はじめ「コンセプチュアル思考研修」、管理職研修、キャリア開発研修などのジャンルで企業内研修を行なう。「働くこと・仕事」の本質をつかむ哲学的なアプローチを志向している。

フォロー フォローして村山 昇の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。