日本初、自分の骨で作る骨ネジ誕生のプロセス第1回

2009.11.05

開発秘話

日本初、自分の骨で作る骨ネジ誕生のプロセス第1回

INSIGHT NOW! 編集部
南青山インサイト株式会社

患者自らの骨を使って骨ネジを作り、そのネジを使って治療する。従来行なわれていた金属ネジを使った手術に比べれば、手術が一度で済み、ネジ代も不要。患者さんに画期的なメリットをもたらす骨ネジは、どうやって開発されたのか。島根大学医学部・内尾教授のグループによる開発プロセスを紹介する。

「考えた末に思いついたのが、患者さん自らの骨を使ってネジを作ることでした」

骨でネジを作るとは、一見奇想天外な発想に思える。とはいえ、落ち着いて少し考えてみれば、実はこれほど理想的な素材もないことがわかる。

「患者さん自身の骨ということは、患者さんにとってもっとも親和性の高い素材なわけです。だから拒絶反応が起こる可能性はまずありません。しかも骨には同化作用があります。つまり骨の中に骨を埋め込めば、埋め込んだ骨は移植後に、まわりの骨に同化されるのです」

自分の骨を使うのだから、材料費もタダである。これぞまさに『コロンブスの卵』なのかもしれない。発想はすばらしい。とはいえ、骨を使ったネジがそう簡単にできるものなのだろうか。

「ネジをどうやって作るのか。プロセス自体は結構シンプルです。削り取っても問題がない部位の骨を取り、それを加工してネジを作る。おそらくこれまでにも同じアイデアを思いついた人はたくさんおられるのではないでしょうか」

プロの目から見れば、アイデア自体はそれほど奇抜なものではないのだという。ところが過去に骨でネジが作られた例はない。なぜなら、実際に作るとなると解決しなければならない問題がいくつもあるからだ。行く手に立ちはだかる難題を、内尾教授はどうやって解消していったのだろうか。

⇒次回「一難去ってまた一難」へ続く(全四回)

『島根大学 関連リンク』
島根大学:http://www.shimane-u.ac.jp/index.php
島根大学医学部:http://www.med.shimane-u.ac.jp/
株式会社ナノ社:http://www.nanowave.co.jp/info/company.html

◇インタビュー:竹林篤実 ◇構成:竹林篤実
◇フォトグラファー:武智正信 ◇撮影協力:スタジオマックス

【INSIGHT NOW!の新特集企画:F.M.Oについて】

 特集の切り口となるF.M.OすなわちFirst、Most、OnlyとはM&C研究所・弘中勝氏が創出されたコンセプト:F.M.Oのいずれかを実現できれば強力な差別化につながります。
 特集では毎月、日本でも知る人ぞ知るF.M.O企業を取り上げ、その成功までのプロセスをご紹介していきます。お楽しみに!

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

INSIGHT NOW! 編集部

南青山インサイト株式会社

INSIGHTNOW!運営事務局/編集部です。

フォロー フォローしてINSIGHT NOW! 編集部の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。