今日は何の日 1月21日は「大寒/甘酒の日」

画像: PhotoAC toshiettyさん

2016.01.21

ライフ・ソーシャル

今日は何の日 1月21日は「大寒/甘酒の日」

INSIGHT NOW! 編集部
クイックウィンズ株式会社

甘酒は身体が温まる飲み物として大寒の頃がもっとも飲まれていることから大寒の日を「甘酒の日」としたそうです。

今日、1月21日は大寒。「甘酒の日」です。

甘酒の良さ、おいしさを多くの人に知ってもらいたいと、森永製菓株式会社が制定しました。甘酒は身体が温まる飲み物として大寒の頃がもっとも飲まれていることから大寒の日としたそうです。(大寒の日なので、甘酒の日も年によって変わります)

甘酒には、酒粕に砂糖などの甘味を混ぜて作ったものと、米を麹菌で発酵させて作ったものの二種類があります。両方「甘酒」として売られていますが、味も成分もちがう別物です。特に、日本酒の醸造工程でできる酒粕を使ったものだと微量のアルコールが含まれていますので、小さい子どもやお酒に弱い方には要注意です。市販の甘酒は安く作れる酒粕由来の甘酒が多いようですので、成分を確認してから買う方がよさそうです。

酒粕の甘酒は砂糖が加えてありますが、米麹の甘酒に含まれているのはブドウ糖なので甘味が少しやわらかい感じがします。ブドウ糖は消化吸収されやすく、お米のミネラル分も含まれているので、甘酒は体が弱っているときの栄養補給に向いているそうです。甘酒というと冬場の飲み物のイメージが強いですが、猛暑のときの熱中症予防に飲むとよいという話も聞きました。

その成分からか、甘酒で一食置き換えダイエットという情報もよく見かけます。個人的には何か一つの物を偏って摂るというダイエット法にはマユツバですが、近年、流行っているようです。この手のダイエットが次から次へと流行っては消えていく、というのはあまり効果がないことの証拠のような気もしますが、やってみることに意義があるのかもしれません。効果がどうあれ、もちろん甘酒に罪はありません。

甘酒は、冬場のイベントなどで配られる、あのちょっと郷愁を感じる飲み方が一番おいしいのかもしれません。冷たい冬の空気の中で、手渡されるあたたかい甘酒。スキー場のまぶしさや青白い氷柱の輝きを思い出します。各地で雪が降り積もり、荒れ模様の今日この頃。こんな寒い日々にはやはり、どこかなつかしい味のする甘酒が似合います。

PR セミナー運営支援サービス

セミナー運営支援サービス

提供会社: クイックウィンズ株式会社
対象: セミナーの集客、運営にお困りの方、コンテンツ・マーケティングとのセッティングにご興味のある方な...
時期・期間: 期間制限はありません。ただし月2回以上の記事投稿をお願いしています。
地域: サイト利用に地域制限はありません。運営支援サービスにつきましては、原則首都圏開催分を対象として...
費用: 申し込み件数に応じた従量課金。 読者会員宛メールは月2回、3万5千円~。 その他のご支援に...

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

INSIGHT NOW! 編集部

クイックウィンズ株式会社

INSIGHTNOW!運営事務局/編集部です。

フォロー フォローしてINSIGHT NOW! 編集部の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。