「赤い口紅の流行は景気回復のサイン」は本当なのでしょうか?

画像: etRougeより

2015.07.16

営業・マーケティング

「赤い口紅の流行は景気回復のサイン」は本当なのでしょうか?

山田 美帆
カラーコンサルタントRosa 代表

​最近、「赤い口紅が流行ると景気回復のサイン」「景気が上向くと口元がカラフルになる」というような記事をよく目にしますが、果たして色と景気の関係はこのように単純なものなのか考察してみました。

皆様お久しぶりです。
カラーコンサルタントRosa代表の山田美帆です。

このたび、INSIGHTNOW!のリニューアルに伴い、Visionary(プロフェッショナル)として3年ぶりに戻ってまいりました。どうぞよろしくお願いいたします。


最近、「赤い口紅が流行ると景気回復のサイン」「景気が上向くと口元がカラフルになる」というような記事をよく目にしますが、果たして色と景気の関係はこのように単純なものなのか考察してみました。


赤い口紅が流行した時期は、1950年代と1980年代後半。

1950年代と言えば、第2次世界大戦が終わり、混乱の中から何か新しいものを生み出そうとした時期です。
映画から数々のファッションが流行し、それと同時に多くの流行色も生まれました。

当時流行したのは「赤」「黒」、そして家電に見られる白でした。皆がオードリーヘップバーンに憧れ、角形の太めの眉とアイライン、そして真っ赤な口紅が流行したようです。

1983年頃より景気の回復が見え始め、86年末頃からは円高、時価、株価が急騰しました。
80年代からはモノトーンブームがはじまり、後半になるとベージュやブラウンなどのエコロジーカラーが支持されました。
80年代後半からは、メイクのポイントは口元に移行し、青味の強い派手なピンク系リップが主流となりました。

その後、今井美樹さんをモデルに起用した赤い口紅が流行したのです。

どちらも、エネルギーが溢れている時代でした。

赤はパワーが強い色なので、気持ちが落ち込んでいるときには受け付けない色です。

だから、社会や経済が上向きになる時は、前向きな印象を与える赤が好まれるのは間違いないでしょう。


■ただし流行色は意図的に作られる

前にもお話ししましたが(実は流行色は2年前に作られる!!)、流行色は意図的に作られています。
しかもそれは2年前に国際会議で決定されるのです。

その会議を運営している「インターカラー」から赤系の提案が出たのは2011年で、その2年後くらいから、赤い口紅が増えてきました。
日本だけでなく、世界的なブランドであるシャネルやディオールなども、2013年には赤い口紅を大々的に宣伝していました。

ここから、赤は、モード界において仕組まれた流行色だったのです。


■流行は繰り返す

最近、赤い口紅の他に、プロデューサー巻(カーディガンを肩にかけ、前でゆるく結ぶ。別名、石田純一巻き…笑)やクラッチバッグ(セカンドバッグ)など、バブル時代に流行ったアイテムが復活しています。

Ads by Google

次のページ■結局、赤い口紅と景気は関係あるのか?

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

山田 美帆

カラーコンサルタントRosa 代表

Ciao!カラーコンサルタントRosa代表の山田美帆です。 INSIGHTNOWのリニューアルに伴い、3年ぶりに戻ってまいりました! これからもINSIGHTNOWの「色物」として頑張ります(笑) こちらでは、カラーマーケティングをはじめとして、女性マーケティング・ビジネスマナーについてお話したいと思います。 また、美容やアンチエイジングについても書いていくつもりです。 どうぞよろしくお願いいたします♪

フォロー フォローして山田 美帆の新着記事を受け取る

今日の編集部

今週もよろしくお願いします*\(^o^)/*

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。