君はなぜ韓国企業に“身売り”するのか

画像: Shiro169

2014.03.14

仕事術

君はなぜ韓国企業に“身売り”するのか

日沖 博道
パスファインダーズ株式会社 代表取締役 社長

技術情報の流出を伴う転職が頻発する理由には、日本企業の脇の甘さも指摘されるが、韓中側の誘惑に乗りやすい技術者の「希望的」勘違いもありそうだ。

韓国・中国企業への技術盗用は近年問題視されながらも、今回の東芝のように提訴まで至らずに日本企業が泣き寝入りすることが多いようだが、技術者の転職がその主ルートになっている模様だ。なぜこうした技術情報の流出を伴う転職が頻発するのか、考えてみた。

以前、有名メーカーで働く知人から相談されたことがある。技術者として10数年にわたり活躍してきた人物だ。某所でお会いして以来、時折会食するようになっていた。その「彼」が、以前から韓国企業の日本法人より転職の誘いを受けており、どうしようか迷っているというのだ。

色々と事情を訊いた。開発チームのリーダーとして成果を上げてきた実績、それが社業に貢献してきたという自負、今も期待されている開発テーマを抱えているというプライド。その一方で、中韓などの外国企業との競争がますます激化していることを受けて、会社は幾つかの事業のリストラを進めており、今は業績がよいとはいえ、いつ自分の事業部門にも及ぶか分からないこと。さらに技術開発部門での組織体制の変更が進行しており、自分より若い世代にチーム・リーダーを任せる例が増えてきたこと。自分の年齢は40を超えようとしていること、子供の教育費などが随分掛ること、等々。

そんな折に人材紹介企業の人からアプローチがあり、転職の誘いを受けたそうだ。最初は興味本位で話を聞いてみるだけ、自分の市場価値はどれくらいあるのか知りたい、その程度の気持ちだったそうだ。でも一旦1社の話を聞いてみると心理的ハードルが下がり、複数のヘッドハンターと会ってみるのに時間はそう掛らなかったみたいだ。やがて冒頭で触れた韓国企業からの誘いがあり、大きく年収がアップする、そのオファーが魅力的に思えてきたということだ。

この相談を受けた際に小生が一番気になったのは、「彼」が「もし有利な条件で転職するなら今が最後のチャンスかも知れない」と言ったことだった。事実そうなのかも知れないが、どうもこの考え方は、転職することが前提もしくは目的になっているようで、本末転倒の感が強いと思えた。本当に必要なのは、仕事に対しての使命感を強く持てるか、自分を活かせる環境を確保できるか、ということではないかと伝えた。

小生のこの切り出し方に対し、「彼」は意外だと感じたようだ。小生が外資系コンサル会社や日本のSI企業に転職して重要な仕事を任された経験をしていることを「彼」は知っているだけに、きっと背中を押してもらえるという期待があったのではないかと思う。もちろん小生も、その転職話が「彼」と家族、そして社会にとっても前向きなものになる期待が高いと思えるのだったら、相手がどこの国の企業だろうと関係なく応援する気になっただろう。しかしこのケースは少々きな臭いものだった。

Ads by Google

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

日沖 博道

パスファインダーズ株式会社 代表取締役 社長

当社は事業戦略・業務改革の2つのテーマを中心に、企業改革をお手伝いします。代表である私は、30年にわたる戦略・業務コンサルティングの経験と実績を基に、ハンズオンの姿勢で、実践的かつスピーディな課題解決を心掛けています。事業戦略策定については新規事業・新市場進出を中心にお手伝いさせていただいておりますが、最近は既存事業の見直しも増えています。その際のスタンスは「選ばれる理由」を明確にすることです。またBPMのエヴァンジェリストとして、BPMアプローチ(KPIを軸に狙いと手段を整合させた上で、PDCAサイクルに沿った継続的プロセス改革を進める手法)による「空回りしない」業務改革を唱えております。詳しくは弊社HPをご覧ください。ご登録いただければメルマガもお届けします。

フォロー フォローして日沖 博道の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。