『女性の日常を彩るインテリア雑貨の仕掛け人』

2010.01.05

営業・マーケティング

『女性の日常を彩るインテリア雑貨の仕掛け人』

武田 舞

日経ウーマンオンラインとINSIGHT NOW!のコラボレーション企画! 明日から使える“オンナゴコロ”をつかむマーケティングのヒントに! 大多数の消費行動を担っていると言われる女性達。 その心をつかんだ商品やサービスの仕掛人に、 オンナゴコロの仕掛け人で、 INSIGHT NOW!ビジョナリーの武田舞が直撃。

オンナゴコロの仕掛け人
『女性の日常を彩るインテリア雑貨の仕掛け人』

 「自分の感性に正直なライフスタイルを楽しむ女性」に向けて、 毎日の生活のスパイスになるようなインテリア雑貨を提案する「About a girl by Francfranc」。現在、都内を中心に15店舗展開している。

 店内は、キラキラ系の小物から、キッチン用品、ファブリック、癒しのバスルームグッズまで、女性が好きそうなかわいらしいものであふれている。しかも、価格はお手頃。夕方ともなれば、仕事帰りのOLでにぎわう人気店である。

 「About a girl by Francfranc」は、バルスが2007年10月有楽町マルイに第一号店を出店した新規ブランド。バルスにとってターゲットを女性に限定したブランドは初めての試みだった。バルスが展開するブランドとして最も有名なのは、家具や雑貨を取り扱うFrancfranc(フランフラン)」だろう。そのデザイン性や世界観で、雑貨好きな男女から支持されている。バルスの2009年1月期の売上げ高はFrancfrancを中心に、すべてのブランドを含めて367億円。インテリア雑貨において、リーダー的存在である。

 男女から支持されるFrancfranc誕生から17年。今なぜ「女性限定」に絞ったブランドを新たに投入したのか。オンナゴコロをつかんだ人気の秘訣をプロジェクトマネージャー松本聖子さんに聞いた。

「女性の好みによりすぎ」否定から始まったスタート


 松本さんは、Francfrancの東京/関西店長、エリアマネージャー、チームマネージャーを経てインテリア雑貨のノウハウを学び、新規事業のAbout a girl by Francfrancのプロジェクトマネージャーに抜擢された。

 2006年までのFrancfranc時代、商品開発の提案をしても、上司に「女性の好みによりすぎ」と否定され、なかなか実施には至らなかった。「絶対売れると思うのに……」。松本さんは、自身の感性を信じて商品に思いを募らせながらも、日々の仕事に励んでいたという。

 そして2007年、徐々に不景気の波が押し寄せて来た時、「お客様の買い物風景が、がらっと変わったと感じたのです」(松本さん)。財布のひもが固くなったのか、じっくり選んで、買うか買わないかを検討する男性に対して、女性の買い物の仕方には勢いがあった。
その光景を目にしたバルスの高島郁夫社長が「女性に特化したブランドを作ろう」とトップダウンで発信。まさに、渡りに船とばかりに、松本さんがプロジェクトマネージャーに任命された。

Ads by Google

次のページ「カワイイ」の定義って?

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。