MOMI&TOY'Sモミアンドトイズ、世界1,000店舗への挑戦

『ガイアの夜明け』でも紹介された、630万円で出店可能な高級クレープ店、MOMI&TOY'Sモミアンドトイズ。6ヶ月~12ヶ月で投資回収可能なビジネスモデルの秘密とは?(第2回 『ベンチャー企業のビジネスモデル』)

モミアンドトイ・エンターテイメント(以下、モミトイ)。この独特のネーミングの会社が今回紹介したい投資先である。同社は本格的なクレープを販売するフードベンチャーである。
本場フランスでは、クレープ屋さんのことを「Creperie(クレープリー)」と呼ぶ。そして、この「Creperie」は家族連れやカップルだけでなく、一人でも気軽に利用できる身近な街の食堂(スタンドも多い)として、重要な食文化のひとつになっている。一方、日本におけるクレープは、中高生で賑わう繁華街や行楽地など、どちらかというと「子どものための特別なおやつ」として認識されてきた。楽しいイベントにはもってこいだが、味は本場フランスには遠く及ばず、ブランドへのこだわりも不足していたように思う。
その状況をガラリと変えたのがモミトイだ。まず特筆すべきは、日本のクレープの常識を覆す、圧倒的な商品力。その見た目は、従来のクレープのようなペチャッとした平べったい感じではない。フルーツ、クリームなどが立体的に巻かれ、ブーケのような美しさとボリュームがある。また生地は小麦粉にアーモンド粉を加え、生クリームには海洋性コラーゲンを配合しているため、とろけるような食感がある。その名も「とろけるクレープ」。価格も300円台から400円台と手頃だ。
さらに、店舗形態にも競争優位性がある。最大の特徴は、移動販売における豊富なノウハウを結集した「モバイル店」だ。センスが良いデザインのトレーラー車両を自社で企画・開発し、提携会社が一台一台手作りしている(現在の価格は250万円)。またブランディングパートナー(FCオーナー)は、トレーラー車両に厨房設備、券売機、契約時のライセンス料などを加えて、店舗保証金を除くと初期費用630万円でモバイル店を出店できる。2009年3月24日に放送された『ガイアの夜明け』では、シングルマザーが資金調達をしてクレープ店を開業する物語が紹介された。
次に店舗の立地に特徴がある。設立数年目のベンチャーとしては驚くべきことに、集客力のある大型商業施設と直接契約し、入り口付近などの遊休スペースに低コストで出店している。具体的には、ららぽーと豊洲、浅草ROX、メルサ自由が丘、マルイ海老名、なんばパークス、ロフト名古屋、イオン金沢、泉パークタウンタピオなどが挙げられる。これらの立地の最大の強みは、家族連れをはじめ大勢のお客様が目の前にいることだろう。加えて、もし出店に失敗した場合でも、モバイル店はトレーラー車両のため原状回復のコストはほとんどなく、別の場所に移ることができる。
最後に収益力だが、標準的な店舗の月間売上高を300万円とすると、人件費を除く利益は150万円を超える。人件費を考慮しても、実に6ヶ月から12ヶ月程度で初期投資が回収できる計算だ。実際、全23店舗の中にそのような店舗が多くある。
モミトイは、このモデルで今期100店舗の出店を目指している。さらに日本国内だけではなく、「アジアを中心に世界1,000店舗を展開する」という壮大な事業計画を描いている。

Ads by Google

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。