INSIGHT NOW!
オープンナレッジを加速する
ユーザ参加型ビジネスメディア
勉強会でつながるビジネスコミュニティ

高橋がなり・国立ファームの今後の事業戦略

松尾 順
有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー
松尾 順/経営戦略
3.0
1,588
2009年3月23日 15:00

日本の農業を取り巻く問題には様々なものがありますが、
3年前、「国立ファーム」を設立し、日本の農業界に殴り込み
をかけた高橋がなりさんが解決しようとしている最大の問題は、

「優れた農産物を生産している農家が報われない」

ということだそうです。

あえてポイントを絞りますが、
上記の問題を生み出している最大の原因は以下の2点です。

・全ての農家に標準的で同質な農産物の生産を求めるJA(全農)

・バイイングパワーを駆使して、大量販売に適した納入形態を求め、
 また、仕入れ価格をとことん引き下げようとする大手小売店



要するに、農家と消費者の間に介在している

JAや小売店

の支配力が強すぎるのですね。

このため、農家の創意工夫によって、
他農家とは異なる品種を採用したり、独自の生産方法を開発して、
おいしいとか、栄養価が高いといった農産物を作り出しても、
市場に出すと、その他の農産物と同じ価格(=安値)でしか
売れないのです。


経営努力で、他者との「差別化」(差異化)を
いくら図っても、農家の経営努力に相応しい対価を
得にくいのが、日本の農業界なのですね



ただし、近年、マーケティング力、販売力もある農家は
消費者との直接取引を開拓することで上記の問題
解決しています。

また、「オイシックス」「大地を守る会」といった
有機の、あるいは安全な農産物を扱う通販会社の台頭によって、

「報われない農家」

という現状は一部改善されつつあります。


しかし、本来、職人的クリエーターである農家の多くは、
マーケティング力、販売力には長けていません。

農産物に強い通販会社も、
農家との緊密な関係を大切にしているとはいえ、
やはり軸足は消費者側にあるため、それほど高く売ること
ができません。


こうした現状を踏まえ、がなりさんは、
優れた農産物を作れる農家=篤農家の
マーケティングやセールスを支援するため、

ブランド重視のコミュニケーション戦略」
と「自社独自の流通チャネル構築」


を通じて

「地位も名誉もお金もあるカリスマ農家」

を生み出そうとしています。


ブランド重視のコミュニケーション戦略と、
自社独自の流通チャネル構築は、
くしくも、AV業界で成功を収めた

ソフト・オン・デマンド(SOD)

のやり方でもありました。
(低価格を除いて)


SODでは、従来のAV商品とはまったく異なる、
斬新な企画の商品を開発、低価格で販売して、
ユーザーの支持を得ました。

そして、がなり氏自身がマスメディアに積極的に
登場することで高いブランドイメージを構築。

また、SODの主体は「販社(卸)」であり、
同社、および他社の商品を一括で扱うことによって、
小売店との交渉力を強化したのです。


SODのAV商品は当初、

「たくさん売ってるんだから、もっと仕入れ値を下げろ

と小売店から言われたそうです。

しかし、お客さんがSOD扱いの商品が欲しいと店に
やってくるようになった今、SODの品揃えを失うわけに
いかない小売店は、もはや無理な取引は言ってきません。


同様に、消費者が、

Ads by Google

このビジョナリーが主催・参加するコミュニティ


ユーザ登録

無料のユーザ登録でINSIGHTNOW!を使いこなそう!

読者ユーザ登録
ビジョナリー会員登録
パスワードをお忘れの方

携帯でもINSIGHT NOW!