INSIGHT NOW!
オープンナレッジを加速する
ユーザ参加型ビジネスメディア
勉強会でつながるビジネスコミュニティ

「自律」と「自立」の違いについて

村山 昇
キャリア・ポートレート コンサルティング 代表
村山 昇/人事/組織
3.6
154,279
2007年3月28日 11:52

自律と自立の違いは何か?・・・これを言葉の定義上で理解するのではなく、その原理・原則のイメージを自分の中に据えておくことで、意識の中に長く効果的に定着するのではないだろうか。

【Envisioning Career-scape 第1景 #2】=======


私は、「自律的な働き方とは何か?」「自律と自立の違いは何か?」
を説明するのに、

3+5=●
●+●=8

の2式を用いています。


<閉じた質問・閉じた業務>
3+5=●は、いわゆる「閉じた質問」です。
誰が答えても、正解は「8」。
閉じた質問において、回答者が要求されることは、

・きっちり四則演算(というスキル)を習ってきなさい
・速く、正確に答えを出しなさい
・そして量をこなしなさい

閉じた質問においては、回答者は「処理作業」を行い、
個性を求められることはありません。

これは日ごろの業務で言えば、
定型の仕事、過去の方法を踏襲してやる仕事だと思います。


<開いた質問・開いた業務>
一方、●+●=8は、「開いた質問」です。
答える人によって、「2,6」「4,4」・・・と様々出てくる。
開いた質問において、回答者が要求されることは、

・四則演算(というスキル)を習得しているのは前提として
・与えられたゴール(=8)に対して、自分なりの組み合わせを考えなさい
 (なぜその組み合わせなのかの理由も付けて)

開いた質問においては、回答者は「創意工夫+判断作業」を行い、
個性が求められる。

これは日ごろの業務で言えば、
やることのミッション・ゴールは決められていて、
そこにどういう方法でたどり着くか、
効率・効果性も合わせて実行する仕事ではないでしょうか。


<さらに開いた質問・業務>
さて、●+●=○を、さらに開いた質問と呼びましょう。

この場合、回答者は、右辺(=○:ミッション・ゴール、たどり着く先)
も自分で設定しなさい、
そして、それを実現するための左辺(●+●:プロセス、実現方法)も
自分で考えて、実行しなさいという形です。

さらに開いた質問において、回答者は
「課題発見+目的設定+創造+判断作業」を行い、
より強い個性+やりきる力が求められます。

これは日ごろの業務では、
過去のやり方に安穏とせず、新しいアプローチで、
新しい商品・サービスを生み出し、
新しい顧客をつくりだす仕事だといえます。


********


自立と自律の区別は、世の中で明確にされているわけではありませんが、
私は次のように解釈しています。

「自立」は、
・self-standing(自力で立つことのできる)
・他に依存しないで、自分でやっていける
・主に経済的自立、技能的自立をいう


他方、「自律」は、
・self-directing(自分で方向付けできる)
 自力で立った後は、自分が決める方向に進んでいけるということ

・“律”とは、規範やルールのこと。
 つまり、自らの価値観を持って、そしてまた
 組織全体の価値観との整合性を図りながら、
 目的と手段をつくり出し、進んでいける。
 そして他にもはたらきかけることができる。

・意識的な自律をいう



こんなことから、私は、上の数式をメタファーとして、

・3+5=●は、自立レベル
・●+●=8は、半自律レベル
・●+●=○を、自律レベル 

だと研修で説明しています。

Ads by Google

シリーズ: 【1景】”自律”について

  • prev
  • 1
  • next

ユーザ登録

無料のユーザ登録でINSIGHTNOW!を使いこなそう!

読者ユーザ登録
ビジョナリー会員登録
パスワードをお忘れの方

INSIGHT NOW!主催
受付中 勉強会/セミナー
この記事へのコメント

2011年11月22日
まあそうゆうことで現状にどう応用するかという課題

もっと見る

携帯でもINSIGHT NOW!