シャープの「ロボホン」は、普及するのか?

画像: mohittzomar

 IT・エレクトロニクスの総合展示会「CEATEC JAPAN 2015」で鮮烈なデビューを果たしたシャープのロボット電話「ロボホン」が、2016年中とされている発売予定を前に大きな話題を呼んでいる。ぱっと見「かわいい!」「欲しい!」と思った人はいるようだが、本当に普及するのだろうか。そして、その普及の壁はどこになるのだろうか。

■久々に「目の付け所がシャープ」なロボホン!
シャープは、9月28日には大阪市阿倍野区の本社ビルなどの資産をニトリに売却し2016年1~3月期に約148億円の売却益を特別利益として計上すると発表し話題になった。しかし、10月26日に2015年9月中間決算の営業損益を、5月時点の100億円の黒字から一転、260億円の赤字に下方修正するなど苦境が続いている。
そんな同社が10月7日~10日にかけて開催された、IT・エレクトロニクスの総合展示会「CEATEC JAPAN 2015」で久々に「目の付け所がシャープ」と展示ブースを黒山の人だかりにした商品がある。ロボット電話「ロボホン」だ。

ロボホンは二足歩行が可能な愛らしい身長20センチ弱の人形ロボットで、ニュースリリースによれば、<モバイル通信(LTE/3G)に対応し、音声通話をはじめ、メールやカメラ、液晶タッチパネルなど携帯電話の基本機能を搭載しているほか、新たに開発したフォーカスフリーの小型プロジェクターも搭載しているので、写真や映像、地図などを壁や机などに投影することも可能です。また、各機能は“RoBoHoN”(ロボホン)との音声対話で簡単に操作できます。ロボットとして様々なコミュニケーション動作やキャラクター性によって自然な対話を実現しているので、愛着を持って使用していただけます>とある。
プロモーションサイトの映像を見ると、その使い方などが一目で分かる。
https://robohon.com/special/

また、東洋経済オンラインの記事では<ロボホンは、ユーザーとのやりとりから学ぶようにプログラムされているので、使うたびに同社のクラウドシステムにデータが蓄積されていく。また、カメラの顔認識機能で人の顔を識別し、個人秘書にもなる>とある。ただの何でも付いているオモチャ的なロボット電話ではないのだ。

■ロボホン普及のカギは価格と販売台数
筆者的には物欲メーターが上がる気がするのだが、問題はその価格だ。市販人形ロボットとして2015年6月に先行して販売を行ったソフトバンクの「ペッパー」は、本体価格は20万円程度だが、通信サービスや保証パックに加入すると支払い総額が100万円を超えると言われている。毎月1000台の一般販売枠は1分で完売する人気ぶりだというが、企業の宣伝用やよほどのマニアでなければ手が出ないだろう。
その価格に関しては興味深い考察が日経MJ・10月19日号コラム「ウェブワールド」の記述にある。<「初年度5万台出荷が第一関門」コアなロボットファンだけでは1万台がせいぜい。だがもし5万台売れたらロボットファン関連アプリなど周辺ビジネスが立ち上がる。ロボホンを前提とした新たなコミュニケーションサービスも生まれ、大きな市場に育つ可能性が出てくる><5万台のハードルを越えるには、価格がポイントになる。価格は未公表だがロボット関係者の多くは20万円前後と予想する>

Ads by Google

次のページ■ユーザーとなるのはどんな人?

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

金森 努

有限会社金森マーケティング事務所 取締役

コンサルタントと講師業の二足のわらじを履く立場を活かし、「現場で起きていること」を見抜き、それをわかりやすい「フレームワーク」で読み解いていきます。このサイトでは、顧客者視点のマーケティングを軸足に、世の中の様々な事象を切り取りるコラムを執筆していきます。

フォロー フォローして金森 努の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。