30年後も専業主婦がいるのか?

画像: Kristin Nador

2015.01.06

ライフ・ソーシャル

30年後も専業主婦がいるのか?

日野 照子
フリーランス ライター

NHKスペシャル『NEXT WORLD』の描く2045年が、サラリーマンと専業主婦、子供二人というステレオタイプ家庭だったことに驚く。もっと多様性を考えよう。

 2015年正月に放送されたNHKスペシャル『NEXT WORLD 第1回 未来はどこまで予測できるのか』『第2回 寿命はどこまで延びるのか』を観た。結論から言えば、がっかり感が半端なかった。未来予測の技術にではなく、この番組が描く2045年の「近未来ドラマ」の作りにである。

 AI( artificial intelligence)による未来予測システム、フィルムタイプのウェアラブル端末、犬型執事ロボットに美人アンドロイド。番組に出てくる技術的なことは、すでに開発が始まっているものばかりでさほど違和感はない。今現在すでにそれらが使われ始めている現場を描いたドキュメンタリー部分は、それなりに面白かった。

 AIによる犯罪予測に従ってパトロールをする警官や、ヒット予測システムで発掘され、AIに採点されて売れる曲を作ろうとがんばるシンガーソングライター。AIの出した判断と一致するかで人事評価される弁護士。いずれも、今の現実であり、なるほどなあと思わせられる。けれど、それらが普及しているはずの2045年の日本社会を描いたドラマ部分は、まったくいただけなかった。要するに技術的進歩以外の設定があまりにも旧時代的なのである。

 まず、主人公の神木隆之介くんは自転車で「通勤」する。通勤路には今みたいなオフィスビル街に向かって、たくさんの人がスーツを着て、ネクタイをして、ミニスカートにハイヒールを履いて、歩いて「通勤」している。30年後もホワイトカラーがこんなにたくさんいて、ネットが普及しつくしているはずのデジタル社会で、「通勤」するのだろうか。

 今でさえ、会社に行くことの必要性は薄れる一方だ。仕事はPCに向かって資料を作り、メールをやりとりすることが大半で、必要な打ち合わせはネット会議や電話会議で十分。時間をかけてどこかの場所に集うために毎日通う、などということが果たして必要だろうか。

 しかも、通勤してきたそのオフィス内で働いているのが、男性と若い女性ばかりときている。NEXT WORLD第2回に出てきた「若返り治療」をした人が働いているから若いのだという言い訳もあり得るが、結局のところオフィスにいるのは、若返りだろうが、アンドロイドだろうが、「若くてきれいな女性」がよいという、ある意味男の願望丸出しのステレオタイプなだけである。

 極め付けが、主人公の家では「専業主婦」らしき母親が料理をして、「夫と二人の子供」が食卓で食べるのだ。2014年ですでに全世帯の半数が単身、もしくは夫婦二人家庭なのに、30年後の2045年に、子供二人のサラリーマンと専業主婦の家庭を描く。ダイエットと恋愛しか頭にない「女子大生」設定の姉と、「出世が頭打ちの予測が出ている」と夫を責める「専業主婦」設定の母親。このような旧態依然の固定観念で「近未来ドラマ」を作ってしまう度胸が逆に素晴らしい。

Ads by Google

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

日野 照子

フリーランス ライター

INSIGHTNOW!では、長年の会社生活で培った男社会や組織への疑義から、女性の社会進出やこれからの仕事、働き方などのコラムを書いています。

フォロー フォローして日野 照子の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。