女性の社会進出ってなんだろう?

画像: Chester

2015.01.13

ライフ・ソーシャル

女性の社会進出ってなんだろう?

日野 照子
フリーランス ライター

安倍政権の『女性が輝く社会づくり』が逆差別を生む。真のダイバーシティの実現が女性の社会進出につながる。

【女性が輝くを政策化するということ】

 2015年1月9日『女性が輝く先進企業表彰式』が開催された。『すべての女性が輝く社会づくり』というのが、安倍政権の最重要課題の一つ、らしい。2014年10月10日付けの『すべての女性が輝く政策パッケージ』によれば、『各々の希望に応じ、女性が、職場においても、家庭や地域においても、個性と能力を発揮し、輝くことができる社会』をつくるのだとある。理念としては素晴らしい。けれど、これ、女性が、と限定する必要がどこにあるのだろう。(官邸HPより抜粋)

 男女雇用機会均等法の施行からはや四半世紀が過ぎているというのに、改めて"女性の活躍"が喧伝される不思議の国、ニッポン。あまりにも、企業で女性が活躍していない(!)ということで、とうとう内閣がこんな政策を掲げ、"ガラスの天井"をぶち破るべく、女性管理職登用の目標数値を企業に指導するまでになった。管理職に誰を置くかなど、国が口出しするようなことではないと思うが、それだけ、実社会がついて行っていないということなのだろう。

 しかし、である。しつこいようだが、これ、女性に限定するべき問題だろうか。

【だったら男性は輝いているのか】

 『女性が輝く』という類のコピーを見るたび、「輝いている男がどこにいるんだ?」と思う。大多数の企業において、個性と能力を発揮できず、輝けないでいるのは女性に限った話ではない。ピラミッド型の組織を維持するには、一つ一つのブロックがみな同じ形でなければならないと信じている人が組織を管理していることが非常に多いからだ。実際には、様々な形のブロックを組み合わせて城壁はできるのだが、それを理解しようとしない。面倒なので、同じ型に押し込め、整然と並べようとする。

 機会均等というのはその言葉通りに解釈すれば、同じようにチャンスが、選択肢が、あるということだ。当然、男性の機会均等もあるべきなのだ。なのに、『女性が輝く』だの『女性管理職30%』だのと、女性のことばかりクローズアップするから、四半世紀経っても問題が解決しない。

【女性が輝くためには、誰もが輝く社会が必要】

 男だ、女だ、といちいち気にするから、おかしなことになるのだ。生物学的な違いがある?もちろん。脳の構造にも性差がある?もちろん。でも、色々な違いって、性差によるものだけだろうか?多様性というのは、男か女かの二択ではない。女性であるという理由で、論理的でないとか、緻密な作業が得意とか、思い込まれても困るし、男性であるという理由で、企画力が優れている、出世を望んでいる、などと決めつけられるのも迷惑な話だと思う。

Ads by Google

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

日野 照子

フリーランス ライター

INSIGHTNOW!では、長年の会社生活で培った男社会や組織への疑義から、女性の社会進出やこれからの仕事、働き方などのコラムを書いています。

フォロー フォローして日野 照子の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。