子育てにおける魔法の言葉「みんなの役に立っている」

画像: Eddy Van 3000

2015.07.31

ライフ・ソーシャル

子育てにおける魔法の言葉「みんなの役に立っている」

中土井 鉄信
合資会社 マネジメント・ブレイン・アソシエイツ 代表

「みんなの役に立っている」----この何気ない言葉は、子どもを成長させるうえで、とても大切な一言だと思います。

──────────
★小さな行動の一つひとつが、みんなと繋がっている
──────────

私たちは、みんなの役に立つことで喜びを得る動物です。
子育てのプロセスで子どもの時から、役に立っているという経験を一杯与えることは、重要なことです。そして、そういう実感が多くなればなるほど、セルフ・エスティーム(自己重要感・自己有能感)の高い人間になっていくようです。
 「みんなの役に立つ」と言っても何も大げさなことではありません。たとえば、以下のような些細なことを積み重ねていくのです。

 A君
「お母さん、さっき宅急便が来たよ。受け取っておいたよ」

 母親
「ありがとう!でもハンコウどこにあるか分かったの?」

A君
「わかんなかったから、サインしておいた」

 母親
「凄いじゃない。大したもんね。あなたが、受け取ってくれてきっと宅急便屋さんも助かっていると思うわ。 留守じゃなくってよかったって。また来るの大変だからね。 ありがとう」

 こんな会話でいいのです。誰かの役に立ったということが、明確に分かればいいのです。

 こういう何げない親子の会話が、重要なのです。子どもは、非常に敏感です。こういう親の一言を何も言わずに蓄積しているものです。嘘だと思うならば、子どもが大きくなってから、色々なことを聞いてみるとよいでしょう。
 子どもは、その当時のことを一杯覚えているものです。

 小さな一言でいいから、みんなの役に立っているよ、と声をかけてあげてほしい。子どもの行動のひとつひとつが、みんなと繋がっているんだと実感させてあげましょう!

(再掲)

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

中土井 鉄信

合資会社 マネジメント・ブレイン・アソシエイツ 代表

1961年、神奈川県横浜市生まれ。 現在、合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツ代表。 NPO法人 ピースコミュニケーション研究所理事長。

フォロー フォローして中土井 鉄信の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。