ナポレオンが乗っていたのは白馬かラバか

2016.02.02

仕事術

ナポレオンが乗っていたのは白馬かラバか

純丘曜彰 教授博士
大阪芸術大学 芸術学部 哲学教授

/革命の夢破れたジャコバン画家ダヴィッドは、ナポレオンの寵愛を得て、その威光を広めることに努めた。一方、七月王政下のドラロッシュは、大学の職を失い、新婚の妻を亡くし、困窮悲嘆の中、ある奇妙な老貴族の訪問を受け、やたら注文の多い絵の製作を依頼される。/

 ここに2つの絵がある。ナポレオンのアルプス越えだ。あなたは、どちらの絵が真相だと思うか。

 皇帝に戴冠する前の第一統領ナポレオンがアルプス越えでイタリアに奇襲をかけたのは、1800年5月20日。この勝利でスペインはフランスと同盟。そして、スペイン王への贈り物として、絵は、同年8月、ダヴィッド(1748~1825、50歳)によって描かれた。ところが、ナポレオンもこの絵を気に入り、ダヴィッドに複製を作らせる。ダヴィッドも、この絵は自信作であり、また、自分がもはや敗北した革命派ジャコバン党員ではなく、飛ぶ鳥も落とす勢いの第一統領の寵愛を受けている宮廷画家であることを示すために、原画と複製を引き渡す前に、1801年9月、ルーヴル宮で展覧会を開く。それも、慣例を破って入場料を取った。依頼者からすでに製作費を受け取っているくせに、どういうことだ、と新聞はこぞって叩いたが、ナポレオンの威光と人気によって、彼はそんな批判をものともしなかった。


 その後、原画はスペイン、マドリッド宮に掛けられ、複製は、ナポレオンの自宅、パリ郊外の聖クール城に掛けられた。ナポレオンは、さらに2枚の複製を作らせ、軍病院(アンヴァリッド、1802年版)、征服地イタリアのミラノ宮(1803年版)にも飾った。じつは、画家ダヴィッド自身も、この絵をとても気にっており、さらにもう1枚を自分のために作ってアトリエに残していた。つまり、同じ絵が全部で5枚もあるのだ。


 原画は、1812年、廃位となったスペイン王の兄ジョセフ・ボナパルトが持ち去り、米国に亡命。ニュージャージー州の屋敷に掛けられていたが、1949年、ナポレオンの最初の妻ジョセフィーヌが好んだフランス、パリ郊外のマルメゾン城に寄贈。一方、ナポレオンの自宅にあった1801年版複製は、1814年に持ち出され、ベルリン、シャルロッテンブルク宮に。軍病院の1802年版は、王政復古後、倉庫に。しかし、1830年のルイ・フィリップの七月王政で、ヴェルサイユ宮へ。ミラノ宮の1803年版は、イタリアを再征服したオーストリア、ウィーンのベルヴェデーレ宮に。アトリエ版は、ダヴィッドの娘が寄贈し、1979年からヴェルサイユ宮の二枚目として収蔵された。


 ところで、ダヴィッドの後、『アルコル橋の戦い』(1826)でナポレオンを描いたヴェルネ(1789~1863、50歳)がルイ・フィリップ王政下でフランス歴史絵画の第一人者となった。彼は、フランスアカデミー総裁として、絶世の美女と評判高い娘ルイーズ(25歳)とともにローマに赴任。ところが、そこやってきた後輩でフランス国立美術学校教授のドラロッシュ(1797~56、42歳)が、ルイーズを見初めてしまった。ドラロッシュは、ヴェルネと8つと違わない。当然、揉めに揉める。

Ads by Google

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

純丘曜彰 教授博士

大阪芸術大学 芸術学部 哲学教授

美術博士(東京藝大)、文学修士(東大)。テレビ朝日ブレーン として『朝まで生テレビ!』を立ち上げ、東海大学総合経営学部准教授、グーテンベルク大学メディア学部客員教授などを経て現職。

フォロー フォローして純丘曜彰 教授博士の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。