『キズナのマーケティング』を斬る!(後)

2010.05.10

ライフ・ソーシャル

『キズナのマーケティング』を斬る!(後)

寺西 隆行
(株)Z会 教室事業部特命職

ソーシャルメディアマーケティングを扱った書籍として、現在かなり売れている『キズナのマーケティング』(池田紀行/アスキー新書)の書評です。 ※なお、「斬る!」は、所属会社(Z会)が入試分析などを行うときに「東大入試を斬る!」という言い方をし、それに似た形の書評になりそうだったので、合わせてみました。

◆本投稿記事は、毎日更新中のZ会ブログ
http://www.zkaiblog.com/histaff/
の話題を元に、本サイトの読者層に合わせた形で修正しております。

『キズナのマーケティング』(池田紀行/アスキー新書)

書評の続きです。前編はこちら中編はこちら

教育には、情の教育とともに、知の教育が必要です。
「心ある人に」育ってもらうことはもちろん大切ですが、心ある人が他に対して表現し、さらに成長するには、知が絶対に必要です。
人の心を把握するときにも、知によって得た思考が必要ですし。

マーケティングも同じで、「心」とともに「技術」が必要です。
たとえばコールセンターで、電話口のお客さんにとっても真摯・誠実に答え、「ありがとうございました!」と話すことは、電話口のお客さんを長期顧客にする、1つのマーケティングでしょう。
しかし、この電話口のやり取りが、もっと多くの人に聞こえてくれば、もっと多くの人に共感を生むと思いませんか?
それが「技術」が大切な部分であり、ソーシャルメディアマーケティングで可能な部分だと思うんです。

僕がマーケティングをやる上で大切にしているのは、心と技術のバランス感覚です。

1.心>技術である姿勢を崩さない。
2.1の下、極力、心=技術になるように腐心する。

3.1、2の下、心、そして技術の絶対値を共に上げる。

そして、「志」に近くまで昇華した心に伴う技術の部分を補う可能性のあるマーケティングが、ソーシャルメディア(を使った)マーケティング(の技術)だと思っています。

『キズナのマーケティング』。もちろん、「いわゆる」技術や「いわゆる」テクニック満載の本ということは期待していません。
本質的な心の部分はもちろん説いて欲しい、その上で、その「心」を技術で補うのであれば、こんな方法がありますよ、こうするとファンが増えますよ、ということ、「小さな」事例(たとえば僕のお客さんとのやり取り~p143から書かれています~)だけではなく、マーケティングの「仕組(構造)」「仕掛(機能)」「仕切(管理)」を伴った論(あるいは事例)を述べて欲しかったと思います。

つまり、めっちゃ心と志がある会社であれば、それをさらにファン獲得のために使えるのがソーシャルメディアマーケティングですよっ!という流れにしてほしかった…まがりなりにも「キズナ」のマーケティング、というのであれば。
節々にそういうことは書かれているかもしれませんが、全体感としてこの流れは感じず、たらたらと述べているだけ、という感は禁じ得ませんでした。

PR

次のページ3.1・2を補うものとして、ソーシャルメディアマーケテ...

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

寺西 隆行

寺西 隆行

(株)Z会 教室事業部特命職

幼児から大学生・若手社会人の教育に携わる(株)Z会にて、教室部門にて様々な開発に奮闘中。前任ではWeb広告宣伝・広報・マーケティングなどを担当。 ※本サイト投稿記事は個人の見解です。

フォロー フォローして寺西 隆行の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。