日本最大規模の転職登録者を抱える、エン・ジャパンの哲学(1)

2010.03.18

開発秘話

日本最大規模の転職登録者を抱える、エン・ジャパンの哲学(1)

INSIGHT NOW! 編集部
クイックウィンズ株式会社

国内最大規模の求職者データベースを持つエン・ジャパン。転職サービスをメイン事業としながらも、求職者には安易な転職を勧めず、求人企業に対しても慎重な採用を求める。ともすると自社の利益と矛盾しかねないポリシーの背景に秘められた同社の哲学を探る。

第1回 「求人広告の本質を問う」

■仕事を大切に、転職は慎重に。

「広告費にして200万円の求人広告と10万円の求人広告の違いは、何でしょうか。高い広告費をかける企業の方が、すべての転職者にとってベストな企業である、とは一概にはいえないですね」

エン・ジャパン社の問題意識を突き詰めれば、この一点に行き着くだろう。問題意識が芽生えた時期は、求人広告がインターネットにシフトする以前にさかのぼる。当時は全国で毎週のように発行される情報誌が、転職先を探す主な手段だった。

「紙媒体はスペースに限りがあります。1ページを丸々使って目立つ広告を出したい企業があれば、予算の制約がありページの何分の一しか使えない企業もある。予算によって大きさが決まるのは、広告ビジネスでは当たり前の話です」

いうまでもないことだが、広告枠の大きさが企業の内実を的確に反映し、その優劣を表すなどということはあり得ない。むしろ何らかの理由のために人が辞めていき、コストをかけてでも急いで人を集めなければならないケースもあるはずだ。

「ここに求人広告の問題があると私たちは考えていました。求人広告の対象はモノではなく、人なのです。私たちが扱っている広告は、求職者のキャリアに影響するし、その人の人生を左右しかねません」

対象がモノなら、失敗してもまた買い直せば済む話だ。ところが転職をしくじれば、そこからまた人生をやり直さなければならない。

「広告がたくさんある方が当社の業績は間違いなく上がります。入社してもすぐに辞めてしまい、社員募集が頻繁に行われるほど、広告出稿数は増えるでしょう」

しかし、そんな循環で本当に転職者のためになっているのか。あるいは、求人する企業に本当のメリットを提供できているのか。

「何かがおかしい、どこか違うんじゃないか、と創業者の越智は悩んでいた。この問題意識が彼の目を、自然にインターネットに導き、インターネットと出会ったときのひらめきにつながったのでしょう」
           
       
■人財を大切に、採用は慎重に。

「そもそも企業が求人広告を出す目的はなんでしょうか。第一義的には、人を採用するためです。しかし採用したら、それで終わりではないはず。本当の目的は、採用した人材が活躍し、業績アップに貢献してもらうことです」

であるならば、求職者に対してどんな情報を伝えれば良いのかが、真剣に問われるべきだ。もとより待遇が悪くて良いはずはないし、交通の便も良いに越したことはない。しかし、もっと大切なことがある。

PR

次のページ『エン・ジャパン株式会社 関連リンク』

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

INSIGHT NOW! 編集部

クイックウィンズ株式会社

INSIGHTNOW!運営事務局/編集部です。

フォロー フォローしてINSIGHT NOW! 編集部の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。