日本に文系学部が必要か?

2015.06.14

経営・マネジメント

日本に文系学部が必要か?

純丘曜彰 教授博士
大阪芸術大学 芸術学部 哲学教授

/大学の自律自治以前に、文系ポストは大手有力学会の世襲天下りシステムに外部支配されてしまっており、このために、似たり寄ったりの「駅弁大学」だらけとなり、新規研究と若手育成を阻害してしまっている。/

 日本に大学は782校(2014年度)。大小いろいろながら、全部で2374学部(2008年度)。法学・経済学系を除くいわゆる文系は、およそ700学部。正体不明のキラキラ学部や、心理学・教育学・社会学系も除くと、狭義の文系(文学・人文学・文化学・語学)はおよそ300学部。教員数(助教・助手を含む)は約2万3千名。これらが日本に必要か、という話。


 いろいろ弁明すべきところもあるが、内情からすれば、文系大学人も、あまりに強欲すぎた。たとえば、日本シェイクスピア協会512名、日本ゲーテ協会350名、日本カント協会290名。文系300学部、平均教員総数77名(助教・助手を含む)の中に、かならず各1名以上のシェイクスピアとゲーテとカントの専門研究者がいる計算。場末観光地「レストラン」のカレー・ラーメン・キツネうどんのようなもの。どこでも似たり寄ったりの「駅弁大学」と揶揄されるゆえん。


 いや、カレー・ラーメン・キツネうどんなみに、しぶしぶにしても、みなに受け入れられるものなら、それもいい。だが、二人親称にthouを使うような、日本の室町時代のシェイクスピア古典英語に、いまどきそれほど需要があるわけがない。ゲーテやカントも同様。そもそも教員にしたって、まして学生にしたって、世界中に汗牛充棟の論文が溢れかえっているシェイクスピアやゲーテ、カントの研究なんか、いまさら取り組みようもない。せいぜい新刊洋書の論評をあちこちから寄せ集めて、論文を数ばかりでっち上げ、学生には昨今の英国映画なんか見せているだけ。


 なんでこんなにやる気のない専門分野の教員だらけになってしまっているか、というと、やる気があろうとなかろうと、とりあえず大手有力学会に入っていないと、若手はもちろん定年教授まで、大学での正社員ポストが得られないからだ。文系では、旧帝大を頂点とする学会閥の世襲天下りのシステムががっちりとできあがってしまっている。植民地の私立大学でシェイクスピア専門の老教授が亡くなると、そこに旧帝大から定年間際の教授が移り、旧帝大に地方駅弁大学の准教授を呼び戻し、旧帝大の助手を講師として地方駅弁大学に送り込む。とにかく同一分野の研究者を増やして、日本中の各大学の文学部の中に自分たちが支配管理しているポストの数を増やすことこそ、学会閥の勢力拡大の要諦。


 簡単に言うと、文系にだけ、タチの悪い昔のインターナショナル的(大学横断的)な労働組合の仕組みが残ってしまっている。大学ごとのガバナンスを強化して特徴を出そうにも、だれも学長の言うことなんか聞きゃしない。学長にしたって、全国規模の学会閥と対立したら、文系人事が成り立たなくなってしまう。おまけに、こいつらが学内ポストの奪い合いで、相互に反対票を放り込み、教授会による「自治」まで麻痺させる。

PR

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

純丘曜彰 教授博士

大阪芸術大学 芸術学部 哲学教授

美術博士(東京藝大)、文学修士(東大)。テレビ朝日ブレーン として『朝まで生テレビ!』を立ち上げ、東海大学総合経営学部准教授、グーテンベルク大学メディア学部客員教授などを経て現職。

フォロー フォローして純丘曜彰 教授博士の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。