グローバルWebサイト構築上の課題・問題点

2011.02.10

営業・マーケティング

グローバルWebサイト構築上の課題・問題点

松尾 順
有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

‘Google’のトップページに初めてアクセスした時、「なんとそっけない画面なんだ」といった印象を持ちませんでしたか?

‘Yahoo!Japan’の賑やかで楽しげなトップページに慣れていた日本人にとって、Googleの「シンプルさ」は驚愕ものでしたよね。もちろん、当初は、「検索機能」だけに絞り込んだGoogleの使い勝手の良さ、検索結果の精度の高さでたちまち、ビジネスユーザー中心に浸透していきましたが。

さて、日本企業のグローバル展開に当たって、Webサイトも当然ながらグローバル対応を充実させていく必要がありますが、ここで課題となるのが、日本人と外国人の認識の違いです。

特に、パッと見のデザインに対する好みには、日本人と外国人(とりわけ欧米人)と大きな差があるのです。端的に言えば、日本人は色使いが派手で賑やかなデザインを好みますが、外国人は、シンプルな色使いのデザインを好む。

問題は、外国人の好みをわかっているデザイナーが提案したシンプルなデザインに対し、日本人の担当者が、「こんな平板なデザインはつまらない」などと、自分の好みで判断し、デザインを変えさせるといったことがしばしばおきることです。

デザイナーとしては、「いや、あなたが見るサイトじゃないでしょ?」と言いたいところでしょうけど、結局押し切られてしまって、外国人にとってはあまり好きになれないWebサイトがリリースされてしまうことがあるようです。

日本人の場合、多様な民族、宗教、文化、価値観に普段から接する機会が少ないため、自分自身の基準で判断してしまいがちなんでしょうね。

これから海外向けWebサイトの立ち上げ、もしくはリニューアルを担当される日本の担当の方はぜひ、外国人の嗜好がわかってるデザイナーさんの感性を信じて任せてあげてください。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

松尾 順

有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

これからは、顧客心理の的確な分析・解釈がビジネス成功の鍵を握る。 こう考えて、心理学とマーケティングの融合を目指す「マインドリーディング」を提唱しています。

フォロー フォローして松尾 順の新着記事を受け取る

今日の編集部

今週もよろしくお願いします*\(^o^)/*

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。