なぜ、74年ぶり戦後初の独立系生命保険が生まれたのか(2)

画像: MIKI Yoshihito

2009.05.12

開発秘話

なぜ、74年ぶり戦後初の独立系生命保険が生まれたのか(2)

INSIGHT NOW! 編集部
クイックウィンズ株式会社

インターネットを活用し低価格で生命保険を提供するライフネット生命保険。既存生保に対する問題意識から生まれた同社は、ネット専業の保険会社として幾多の障害を乗り越えて事業開始に至っている。規制にがっちりと守られてきた保険業界に風穴を開けた同社の誕生秘話を探る。

第2回
「当たり前のことを、当たり前にやる。ただし徹底的に」

■出会いと誕生

「実は前職にいたときから、インターネットの可能性には気づいていました。ただ、当時はまだ機が熟していなかったのですね」

かねてから出口氏は、少子高齢化に入る今後の日本での保険業のあり方を模索していた。年齢別人口の推移は確定した未来である。日本で人口が減り始めるターニングポイントも、その後の日本社会の様相も1985年ぐらいにはすでに手にとるようにわかっていたのだ。

「保険会社が生き残る道は3つあると考えていました。一つは証券や投資など他業種への展開、二つめが海外への進出、例えばインドでビジネスを展開している日本の生保会社もあります。そして三つめがセールスパーソンを使わない保険業です。少子化が進むということは、お客様が減るだけではありません。セールスのなり手もこれからいなくなるわけです。そのときどうやって保険を販売するのか」

インターネットが普及し始めた時点で、これがインフラとして使えると出口氏は考えた。そんなときにちょうどタイミングよく、ある人物を介してあすかアセットマネジメントの谷家氏と出会う。

「谷家さんとお会いしたその日に、一緒にインターネットを使った保険会社を作ることが決まっていました。還暦に近い年齢での起業、そのことへのためらいや不安などはまったくなかったですね」

ただし、やるからにはということで出口氏は谷家氏にある条件をつけてパートナーを求める。その条件とは二つ、若いことと生命保険を知らないことだった。

「保険業界のことについては私が熟知しています。だから必要なのは、インターネットを当たり前のように使いこなす世代であり、しかもメインターゲットである世代について皮膚感覚で理解できる人でした」

そして紹介されたのが、副社長となる岩瀬氏である。

■74年ぶりの独立系生命保険会社創業

谷家氏との出会いから話はとんとん拍子に進んでいった。会社のビジョンは、次の3つが設定された。保険料を半額にすること、保険金の不払いをゼロにすること、そして生命保険商品の比較情報を発展させることである。

「ゼロから保険会社を作る機会に恵まれることなど普通ならあり得ないわけです。僥倖にも近いチャンスを与えられたのだから、徹底的に消費者目線で『当たり前』の会社を作りたいと考えました」

当たり前とはどういうことか。例えば約款である。保険の内容が事細かに書かれているのが約款だが、その約款を契約前に見ることは難しい。なぜなら約款を開示している保険会社は少数派なのだ。

Ads by Google

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

INSIGHT NOW! 編集部

クイックウィンズ株式会社

INSIGHTNOW!運営事務局/編集部です。

フォロー フォローしてINSIGHT NOW! 編集部の新着記事を受け取る

今日の編集部

今週もよろしくお願いします*\(^o^)/*

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。