MonotaRO、間接資材通販サイト、圧倒的トップへの軌跡 第1回

画像: MonotaROさんHP

2009.02.25

開発秘話

MonotaRO、間接資材通販サイト、圧倒的トップへの軌跡 第1回

INSIGHT NOW! 編集部
クイックウィンズ株式会社

ユーザー事業者数30万超。約90万種類もの商品を扱い間接資材のAmazonともいえる存在がMonotaRO、流通の仕組みが遅れた分野にネットで風穴を空けた革命児である。ただし革命には旧態勢力からの抵抗が付きもの。数々の試練に打ち勝ち、上場に到った同社の歩みを紹介する。

第1回 
「メールで買ったパンツ」

■新聞をネットで読むビジネススクール

「パンツを買わないかってメールが来たんですよ。いま思えば、留学時代のあのメールがeコマースの原体験だったのかもしれません」

瀬戸社長は住友商事出身、1994年から96年までアメリカのビジネススクールに留学していた。94年といえばブラウザー・ネットスケープが登場した年であり、翌年にAmazonが創業。まさにインターネットビジネス草創期である。

「Amazonは仲間の間ですぐ話題になりました。さすがにビジネススクールともなると学内のPCはすべてネットにつながっていて、新聞もすでにネットで読むものになってた。そんなとき学内のメーリングリストを使ってパンツを売り始めた奴がいたんです」

瀬戸氏が留学していたダートマス大学はニューハンプシャーの田舎町にあり、パンツ一枚買いに行くにもクルマで出かけなければならい。メール一本でHanes製品が手に入る利便性はとても魅力的に映った。

「これからは、こういうビジネスができるんだって、目を開かれる思いがしました。言ってみればネットの下着販売ですよね。ウェブサイトこそ使ってないものの、ビジネスモデルは完全にeコマースの走りじゃないですか」

さらにビジネススクールならではの先進的な環境が、瀬戸氏のビジネスマインドを刺激した。

「自分でHTMLを書いてサイトを作る講義もありましたし、アントレプレニュアーシップといって、グループを組んでベンチャー起業するプランを競わせる講座では、半分ぐらいがネットを活用したビジネスアイデアを出していましたね」

中にはインターネットで音楽をダウンロード販売するアイデアを出したチームもあったという。後にAppleが展開して大成功したiTunesの先駆けともいえるモデルだ。

「ただ、当時はまだ電話回線だからすっごく遅かった。たった3分の曲をダウンロードするのに5時間経っても一向に終わらない。そんなんじゃ話になんないねってことで、そのときは終わったんですけれど」

まさにネットビジネス勃興期にビジネススクールで、感度の高い仲間とともに過ごした濃密な時間は、瀬戸社長の人生に大きな影響を与えた。

「同級生の中には後のドットコムバブルの時IPOで大儲けした奴が何人もいますからね。人間というのは運とか巡り合わせがあると思うんだけれど、僕に取ってはあの時期ビジネススクールにいたことが決定的でした」                  
                                
■Amazonで再確認した流通の意味

Ads by Google

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

INSIGHT NOW! 編集部

クイックウィンズ株式会社

INSIGHTNOW!運営事務局/編集部です。

フォロー フォローしてINSIGHT NOW! 編集部の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。