あなたの「お時間」How Much?

2007.11.12

仕事術

あなたの「お時間」How Much?

竹林 篤実
コミュニケーション研究所 代表

格差社会でもっとも貴重なリソースは、間違いなく時間になる。まさに『Time is Money』である。なぜなら、どんな大富豪でもセレブでも一日は24時間と決まっているわけで、つまりは一時間の価値が人によって違ってくる。そこを上手く付いたビジネスがある。

通称ユニバ(こんな呼び方するのは関西だけかもしれないけれど)、正式
名称ユニバーサルスタジオ・ジャパンには「エキスプレス・パス」なるオ
プションチケットがある。このチケットをアトラクションの入り口で見せ
れば、行列をサクッとパスすることができる(これまた関西弁でいえば
『横入り』できるともいう)。

とても便利なチケットである。加えて真夏ドピーカンで汗ダラダラなんて
日には「あなた達はそうやって並んでいるのね、お可哀想に。私は後から
来たけど、お先に行かせていただくわ」的優越感をくすぐってくれたりも
する格差チケットでもある。

これがなぜ格差チケットなのかといえば、それなりの追加料金を支払わな
いとゲットできないからだ。ユニバでは入場料さえ支払えば本来は追加料
金なしですべてのアトラクションを楽しむことができる。そんなの当たり
前である。そもそもスタジオ・パスと呼ばれる1日券自体が大人なら一人
当たり5800円もするのだ。それだけ払わされて中に入っているにも関
わらず、さらに各アトラクションごとにお金がいるということはあり得な
いでしょう普通は。それこそ盗人に追い銭みたいな話である。

しかしである。ここが実に巧みに、ある階層や考え方の人たちの心理をつ
いていると思うのだが、中には「5800円も払っているのに、長い行列
に並ばないとあかんのかよ(ケッ)」と憤る方もいらっしゃるのだ。ある
いは「並ぶぐらいなら帰ろう(5800円はもったいないかもしれないけ
れど、大切な時間を行列に並んでボーッと過ごすならもっと有意義に時間
を使いたい)」と考える方もおられるはずだ。

さらには「なんだよ。もっと金払っても良いからさ、並ばないで済むよう
に何とかしてくれよ」とわがままをおっしゃる方もきっといる。これはビ
ジネスチャンスではないかとユニバでは考えたのだろう。そこで生まれた
のが「エクスプレス・パス」なるプレミアムチケットだ。

これだって決して安くはない(ただし、安い/高いの判断はそれによって
得られる価値を個人がどう判断するかによるので一概にはいえないけれ
ど)。仮に繁忙期に7種類のアトラクションに乗れるチケットとなると追
加料金は5200円にも上る。ほとんど入場料と同じぐらいの追加料金が
必要になるわけだ。

ただし値打ちは確かにある。人気アトラクションが2時間待ちとかになっ
ていても、たいていはスッと中に入ることができる。この差は大きい。一
つのアトラクションについてすぐに入るための(たとえば2時間待たなく
てよいためのコストが(5200÷7=)750円ぐらいだとすれば、こ
れは十分に価値ありと考える人はいるだろう。

PR

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

竹林 篤実

コミュニケーション研究所 代表

フォロー フォローして竹林 篤実の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。