緑じゃない、大人だ!「アサヒ・グリーンコーラ」は何を狙う?

2010.04.28

営業・マーケティング

緑じゃない、大人だ!「アサヒ・グリーンコーラ」は何を狙う?

金森 努
有限会社金森マーケティング事務所 取締役

 ちょっと謎な商品が登場した。アサヒ飲料の「グリーンコーラ」だ。その狙いを考察してみたい。

 <“大人炭酸シリーズ”第一弾! 素材派コーラ『アサヒ グリーンコーラ』新発売 植物由来原材料使用、着色料・カフェイン・保存料ゼロ>(アサヒ飲料4月26日ニュースリリース)
  http://www.asahiinryo.co.jp/newsrelease/topics/2010/pick_0426.html

 名前だけを聞いたら、サッポロ飲料がファミリーマート限定で発売している白い「ホワイトコーラ」だったり、かつての変わり種ペプシ「ペプシしそ」だったり、液色がいわゆるコーラ色ではなく緑色なのかと思ったそうではなかった。
 ニュースリリースによると<植物由来の原材料を使用しているという“自然”なイメージを訴求するために、商品名に「グリーン」という言葉を使用しました>とある。つまり、原材料に特徴はあるものの、フツーのコーラだ。いや、それは失礼か。<アサヒビールの黒ビール製造の技術を活用し、黒麦芽を使用することで、コーラ飲料の特徴である力強い味わいを実現しました>ともある。意外とこれは自信作なのかもしれない。

 そう、実はニュースリリースに出ている時点で、これはすごいことなのだ。
 アサヒ飲料は昨年もコーラを発売していた。サンクス限定の展開で「SIMPLE & QUALITY COLA」という名前だった。アサヒブランドの非アルコールコーラは20年ぶりだったという。
 アルコール入りコーラなら、キリンの「コーラショック」がかなりヒットしたが、キリンビバレッジも実はそのコーラショック発売前に、非アルコールコーラを自販機限定で発売していた。その名も「KIRIN COLA」。缶には「ホップフレーバー」の使用が明記されており、今回のアサヒ・グリーンコーラ同様、ビール系飲料メーカーならではの技が用いられていた。
 しかし、ビール系飲料メーカーのコーラはなぜか不幸な境遇にある。サッポロ「ホワイトコーラ」も、アサヒ「SIMPLE & QUALITY COLA」も、キリン「KIRIN COLA」も、全て自社のWebサイトにある「製品一覧」などには掲載されていない。なにやら隠し子めいた扱いなのである。
 それか今回は、異例ともいえる発売1ヶ月前からのニュースリリースなのである。

 だが、ちょっと待て。
 製品の特徴である「植物由来原材料使用」や「黒麦芽使用」はともかく、「着色料・カフェイン・保存料ゼロ」や「大人」というキーワードのコーラを最近聞かなかっただろうか…?
 これだ!
 <コカ・コーラ ゼロフリー 4月26日(月)、全国で発売>(日本コカ・コーラ4月19日ニュースリリース)
 http://www.cocacola.co.jp/corporate/news/news_20100419_01.html

PR

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

金森 努

有限会社金森マーケティング事務所 取締役

コンサルタントと講師業の二足のわらじを履く立場を活かし、「現場で起きていること」を見抜き、それをわかりやすい「フレームワーク」で読み解いていきます。このサイトでは、顧客者視点のマーケティングを軸足に、世の中の様々な事象を切り取りるコラムを執筆していきます。

フォロー フォローして金森 努の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。