あえて突っ込みどころを残すコミュニケーション

2008.09.22

営業・マーケティング

あえて突っ込みどころを残すコミュニケーション

安田 英久
株式会社インプレスビジネスメディア Web担当者Forum編集長

メディアをやっていると、コンテンツの企画や制作において、完成度を高めることは非常に重要です。その記事で読者は理解できるか、漏れている点はないか、不明な点をあいまいなまま残していないかなど、編集者は非常に注意します。

それこそ、論文やディベートのテクニックのように、指摘され得る点を想定してあらかじめ対応しておいたりもします。これは、読者の「ん?」をなくして、スムーズに情報が理解されるようにするための基本姿勢です。

しかし、ブログのような、ネットの「コミュニケーション」を目的としたコンテンツの場合、その考え方が逆転するといいます。突っ込みどころを残すことで、「そうかな?」「そこはね、」という、読者からのアクションが起きやすいようにするというのです。

時事通信の湯川氏はブロガーとしても有名ですが、Web担主催のセミナーで「ブログでは、新聞のために記事を書くときとまったく違う姿勢で書く」とおっしゃっていました。わからないことがあったら、「ここはよくわからないけれども」というように書いてしまうのだと。そうすれば読者から教えてもらったりといったコミュニケーションが生まれるし、ブログはそれでいいのだと。

株価に影響が出るようなプレスリリースは別ですが、完璧を求めずに、あえて未完成の状態でネット上に公開することも、コミュニケーションのための1つの方法論としてアリなんですね。

とはいえ、うっかりのミスや救いようのない完成度でよいというわけではありません。あくまでも、コミュニケーションが広がる筋の突っ込みどころを選んで残すという点では、論文やディベートのテクニックと根は同じですね。

Web担でも「ここが間違ってますよ」と記事にコメントをいただくことがありますが、突っ込みどころとしては、情けない残し方ですね。発展的な突っ込みどころだけ残すように精進します。はい。

※この記事は、Web担当者Forum(Web担)に掲載した編集部コラムを転載しています。
Web担当者Forumは企業ホームページ作りとネットマーケティングに関する情報サイトで、解説記事、コラム、ニュース記事などを毎日更新でお届けしています。
毎週月曜日発行のメールマガジンもありますので、興味のある方はぜひご登録ください。

PR

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

安田 英久

株式会社インプレスビジネスメディア Web担当者Forum編集長

企業のウェブサイト活用やウェブマーケティングに関するメディア「Web担当者Forum」(http://web-tan.forum.impressrd.jp/)を運営しています。

フォロー フォローして安田 英久の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。