日本人(の一部)の外出離れ:カネと時間と体力をむしり取られに行くようなもの

画像: photo AC: はむぱん さん

2018.04.28

ライフ・ソーシャル

日本人(の一部)の外出離れ:カネと時間と体力をむしり取られに行くようなもの

純丘曜彰 教授博士
大阪芸術大学 哲学教授

/ゴールデンウィークだそうだ。だがしかし、外出する気になれない。とにかく、なにをしても、どこへ行っても、人だらけで、ものすごいカネを取られる。一日働いたって一万になるかという時代に、家族で外に出たら何万が吹っ飛ぶ。/

ゴールデンウィークだそうだ。だがしかし、外出する気になれない。とにかく、なにをしても、どこへ行っても、人だらけで、ものすごいカネを取られる。一日働いたって一万になるかどうかという時代に、家族で外に出たら何万がかんたんに吹っ飛ぶ。

まず交通費。電車代もバカにならない。車で行ったら、いよいよひどいことに。ちょっと高速に乗って、線を変えただけで、ETCでガンガン課金。江戸時代の山賊かよ、というくらい、つぎつぎ襲いかかる。着いたところで、車が止められない。へんな民間の、田んぼに砂利を突っ込んだだけの脱税農地に誘導され、いきなり、おっさんに、一日2000円ね、とか言われる。

そこから延々と歩いて行くと、恐るべき年金ジジババの長蛇の列。なにもあんたら平日だってヒマだろうに、なぜ今日来る? おまけにやつらは、変な老人カードでトンデモ割引。こっちは子供まで課金、課金、課金。中に入ったところで、これまた長蛇の列。並んでばかりでヘトヘト。肝心の目当ての順番が来るころには、とっとと早く外に出て座りたい、と思うばかり。

ところが、座る場所も無い。店の外までイスが並んで、さらにその先にまた長蛇の列。一時間待ち、二時間待ちとか書いてある。座りたくて店に入りたいのに、それにはまた立って並び続けないといけない。これでこの値段と驚くような肉無し炭水化物の「豪華」定食メニューだけを渡され、食事が終わってなお中でのんびり話し込んでいる中のジジババを外から恨めしく眺めていても、なんの感慨も無い。ほかの店へ行っても、どうせ同じ、と、いらつく気力さえ失う。

午後も遅く、やっと中に入って座れたところで、注文なんか取りに来ない。やっとオーダーしても、延々と待たされる。昨今の人手不足。待遇を良くしないとバイトさえ集まらないのだろう。もちろん従業員だって食事はゆっくり取りたいのはわかる。ひたすら我慢して待つほかはあるまい。

外へ出れば、あいかわらずの人、人、人。もういいか、帰ろうか、なんていうことになって、なにかお土産でも見よう、などと思っても、これまたひどい状況。狭い通路、山積みの商品。どこで作ったかもわからないようなありきたりの中身に、包装紙だけが地名をうたう。あれこれ選ぶ間にも、満員電車なみに人に押され、流され、ぐいぐいぐい。どうでもよくなって、とりあえずこれ、などといっても、レジ前がまた長蛇の列。会計を終えて、外に戻るころには、山のねぐらに帰るカラスが鳴いている。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

純丘曜彰 教授博士

大阪芸術大学 哲学教授

美術博士(東京藝大)、文学修士(東大)。東大卒。テレビ朝日ブレーン として『朝まで生テレビ!』を立ち上げ、東海大学総合経営学部准教授、グーテンベルク大学メディア学部客員教授などを経て現職。

フォロー フォローして純丘曜彰 教授博士の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。