奨学金と徴兵制:返済オプションとしての入隊

画像: photo AC: dronepc55 さん

2018.02.19

ライフ・ソーシャル

奨学金と徴兵制:返済オプションとしての入隊

純丘曜彰 教授博士
大阪芸術大学 哲学教授

/自分に合った仕事が無い、だから返せない、仕方ないじゃん、では、世間が許さない。もちろん、力づくで徴兵したりはしないだろうが、一生をダメにして、親族まで破産させるくらいなら、国防や介護の仕事に何年か入隊して全チャラというのは、どうですか、となるのは、時間の問題。/

この世にタダは無い。きびダンゴをもらったら、鬼ヶ島へ連れて行かれる。弱みがあれば、つけこまれる。借りなんか、作るものじゃない。

どうやったって、これからこの国は少子化だ。あらゆる分野で、若手不足になる。それでよけい自分を高く見積もって、あれも嫌だ、これも嫌だ、思った通りの仕事が無い、と、ミスマッチが悪化。そんな中、国防だの、介護だの、いくらやりがいがあっても、きつい職場は、ぬるい連中には、いよいよ敬遠される。

もともと奨学金は、お勉強をしたいという良い子への御褒美なんかじゃない。国家の近代化という急務を担う人材の育成が目的だった。県人会や同窓会でも同じ。出した以上は、相応の見返り、貢献や宣伝という結果を出してもらわないと困る。無償の義務教育だって、国民皆兵とセット。

そんな昔、背嚢担いで鉄砲持って突撃していた時代は、人数さえいればよかった。だが、現代の国防や介護となると、成人式で騒いでいるような、そこらのちゃらい若い連中を適当に籤引きして、赤紙で引っ張ってきてどうにかなるようなものじゃない。機材は複雑、パソコンくらい使えないと話にならない。むしろ、べつに屈強な男ばかりでなくてもかまわない。女性でもなんでも、大学に入って奨学金が取れる程度の連中が、じつは最適。

第二次世界大戦後、多くの国が軍隊を縮小し、徴兵を止め、使命感のある少数精鋭の志願者だけでやればいい、と思っていた。また、国によっては、入隊を移民の国籍取得の条件にしていた。ところが、気がつくと、国家防衛の使命感に燃える若者より、国籍目的移民や一般不適格者の方が多くなっていて、かえってテロの温床、クーデタの元凶、事故混乱の発生源になりかねない。それで、もっとふつうの大学生みたいなのを集めないとヤバい、ということで、世界の潮流は、むしろ徴兵制復活に揺り戻している。

さて、日本はどうなるだろう。奨学金はもらったけれど、やっぱり自分に合った仕事が無い、で、収入が無い、だから、奨学金は返せない、仕方ないじゃん、では、もう済むまい。とはいえ、いまどき奨学金のカタに力づくで徴兵したりなんかもするまい。だが、本人も、親も、保証人も、みんな破産して、長い一生、親族一同、ダメにしてしまうんですか、それとも、これほど有利な条件で、あなたが数年間だけ入隊しますか、そうすれば奨学金返済、全チャラですよ、さあ、どちらをお選びになりますか、と、優しく誘いかけてくるだろう。そうなると、親や親族も、因果を含めて、本人に入隊を勧めざるをえまい。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

純丘曜彰 教授博士

大阪芸術大学 哲学教授

美術博士(東京藝大)、文学修士(東大)。東大卒。テレビ朝日ブレーン として『朝まで生テレビ!』を立ち上げ、東海大学総合経営学部准教授、グーテンベルク大学メディア学部客員教授などを経て現職。

フォロー フォローして純丘曜彰 教授博士の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。