自称「グルメ」の横行に閉口

画像: photo AC: acworks さん

2017.05.03

ライフ・ソーシャル

自称「グルメ」の横行に閉口

純丘曜彰 教授博士
大阪芸術大学 哲学教授

/モノを喰って自分の空白を埋めようとするのは、脳内バブルの重篤症状。しかし、そんな空っぽの人間が喰っただけで自己顕示欲を満たせるような魔法の食べ物など無い。食べものの味は、ただ自分の口の中だけの楽しみ。黙って口を閉じてこその、味わい。/

 文化も、芸術も、科学も、政治も、それどころか恋愛さえも、まったく関心無し。二四時間三六五日、喰うことしか考えていない。喰うことしか話さない。ひたすら話題の喰いモノを追っかけて生きている。近頃、そういう淋しい、人としてとても残念な、自称「グルメ」がいっぱい。それは、モノを喰って自分の空白を埋めようとする脳内バブル中毒の重篤症状。


 築地だ、豊洲だ、と揉めているが、科学者が、どちらを安全とするか、なんて、まったくどうでもいい話。重要なのは、イメージ、ネームバリューだ。同じ海峡の魚でも、一方側の漁港に水揚げすれば、ブランドものの高級品。反対側なら、ただの魚。合成肉さえでも、高級ホテルで出せば、自称「グルメ」の舌バカどもがうまいと絶賛。


 それも、そのはず。我々は、イメージ、ネームバリューを喰う。それで、腹ではなく自己顕示欲を満たそうとする。実際の魚や肉は、その憑り代にすぎない。世間で話題のモノを喰っている自分が好きなだけ。なにを喰っているのか、なんて、なにもわかっていない。重要なのは、世間で話題の、羨望の、その料理を自分は喰った、征服し、消滅させた、ということだけ。味なんか、わからなくてもいい。喰ったというだけで、それを喰った特別な人間になれると信じている。


 これは、その観光地に行った、あのコンサートを見てきた、このブランド品を買って持っている、というのと同じ。行っただけ、見ただけ、持っているだけで、なにか自分がわかった、なにか自分が変わったわけじゃない。だが、その輝かしいオーラのおこぼれにあずかれる気がする。まして、喰うことは、実物消費。その皿の上の料理を占有し、消滅させる。とにかく口に突っ込んで、くっちゃくちゃのぐっちゃぐちゃに粉砕。そして、物理的に消化吸収。やつらは、有名なモノを食べれば、その特別なパワーが自分の肉体にも宿るはずだと思っている。


 逆に言うと、自称「グルメ」バカは、たいてい経歴不詳、無力で無名の救いがたい超凡人。本人自身には、世間の話題になるようなオーラがまったく無い。だから、ひたすら食べ歩く。無限に喰い続け、それどころか喰い歩いていることを、ひけらかし、言いふらす。しかし、独占できるのは、せいぜい自分が注文した皿の上の料理だけ。あの有名な店のあの有名な料理を喰ったことがある、なんていうやつは、掃いて捨てるほどいる。掃いて捨てるほどいるから、世間で広く話題になっている。特別でもなんでもない。

PR 純丘曜彰の新刊!『百日一考(第一集)』

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

純丘曜彰 教授博士

大阪芸術大学 哲学教授

美術博士(東京藝大)、文学修士(東大)。テレビ朝日ブレーン として『朝まで生テレビ!』を立ち上げ、東海大学総合経営学部准教授、グーテンベルク大学メディア学部客員教授などを経て現職。

フォロー フォローして純丘曜彰 教授博士の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。