ヤマトはアマゾンに倉庫や店舗として搾取されている

画像: photo AC: 志紀 さん

2017.03.08

経営・マネジメント

ヤマトはアマゾンに倉庫や店舗として搾取されている

純丘曜彰 教授博士
大阪芸術大学 哲学教授

/ヤマトは、地代の高い都心住宅地の配送拠点が、実質的にアマゾンの「店舗」として、タダで永続的に占拠されてしまっている。同様に、トラックも、動く「倉庫」として利用されている。通販業者からすれば、配送料はフローで、顧客側の負担に付け替えられるが、ヤマトは、その固定的な資産維持リスクをデパート並みに被ることになる。この現実を踏まえ、ヤマトは事業再定義が急務だ。/

 なぜデパートが潰れるのか。都心一等地に、一日で実際に売れる以上の商品在庫を抱えているから。その日に売れるのではない商品は、死に在庫。翌日まで、ただ物を置いておくだけの場所として一等地を使っている。だから、総面積当たりの売り上げが悪い。置いただけの分を、ほぼその日のうちに売り切る、回転率のいい百均の方がまし。だから、デパートは潰れ、百均に替わっていく。


 一方、なぜアマゾンが儲かるのか。無店舗だから。大量多種の商品を抱えていても、しょせんは郊外倉庫。地代は安く、倉庫運営費は知れている。配送料をアマゾン側が負担しても、都心一等地に店を構えるよりは、はるかに安く済む。


 そして、ヤマト。自分を配送業だと思っている。それが間違い。ほんとうは倉庫業、テナント業、販売代行業だ。デパートのような都心一等地ではないまでも、ヤマトもまた、法外に地代の高い、都心住宅地に配送拠点がある。個々の荷物が入ったり出たりで見えなくなっているが、その配送拠点で、アマゾンが毎日、実質的に占有し続けている面積は、かなりの広さに及んでいる。つまり、アマゾンは、都心住宅地のヤマトの配送拠点を、荷物を動かす配送料だけで、実質的に自分の「店舗」として乗っ取り、タダで永続的に使っている。


 それだけではない。アマゾンは、ヤマトのトラックも、自分の動く「倉庫」として、タダで利用している。本来ならアマゾンが自分で費用をかけて倉庫の中に保管しているべきものが、全国へ散っていくトラックに乗って移動しているだけで、それもまた、あいかわらずアマゾンの「在庫」。この間の保管費用も、ぜんぶヤマトがタダでかぶっている。


 もしヤマトがほんとうに純粋な配送専業者で、アマゾンの郊外倉庫から、アマゾンの都心住宅地の「店舗」へ、そして、そこから個々の顧客へ、即日に荷物を運ぶことだけに徹すれば、地代の高い都心住宅地の配送拠点の面積をもっと減らすことができ、はるかに安く運営できるだろう。逆に、アマゾンは、より多くの「在庫」をヤマトのトラックや配送拠点の中に預ければ預けるほど、倉庫や店舗の運営費用を浮かすことができてしまう。


 アマゾンがオプションにしている速達サービスも、実質的にはヤマト側の時間指定をうまく利用したもので、ヤマトの負担増で、アマゾンが儲かる。おまけに、アマゾンは、倉庫からの早出しで、より多くヤマト側の保管負担にでき、むしろ経費節減。アマゾンの箱は、いつもどれもスッカスカだが、あれはヤマト側の負担になる空間占拠費用を考慮していないから。そのせいで、ヤマトは、カラに近いアマゾンの箱で、トラックも配送拠点も埋め尽くされ、配送回数がムダに増える。

PR 純丘曜彰の新刊!『アマテラスの黄金:隣のおねえさんはローカルすっぱい!』

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

純丘曜彰 教授博士

大阪芸術大学 哲学教授

美術博士(東京藝大)、文学修士(東大)。テレビ朝日ブレーン として『朝まで生テレビ!』を立ち上げ、東海大学総合経営学部准教授、グーテンベルク大学メディア学部客員教授などを経て現職。

フォロー フォローして純丘曜彰 教授博士の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。