谷川浩司・日本将棋連盟会長は、クビをかけて将棋を守った。

画像: aotaro

2017.01.26

経営・マネジメント

谷川浩司・日本将棋連盟会長は、クビをかけて将棋を守った。

川口 雅裕
組織人事研究者 /NPO法人「老いの工学研究所」理事長/一般社団法人「人と組織の活性化研究会」世話人

「プロ棋士対コンピュータ」は、見世物に過ぎない。「規制が遅かった」も、部外者による結果論。

対局中の将棋ソフトの使用をめぐる問題で、日本将棋連盟の谷川浩司会長が辞任する事態となった。結果として、三浦九段に対する出場停止処分については誤った判断となってしまったが、一連の騒ぎや批判は、将棋や将棋界に関するいくつかの誤解から生じている面がある。

●「プロ棋士対コンピュータ」は、見世物に過ぎない。

まず、将棋ソフトが棋士の実力を上回ったというのは正確な理解とは言えない。ソフトはそもそもプロ棋士が残した棋譜を大量にコンピュータに記憶させ、そのデータから最適手と思われる手を選んでくるプログラムをたくさんの人が書いて作られたもので、さらに棋士との対戦に当たっては数十台~数百台のマシンをつないで動かし、その稼働状況の監視などにも人を配置する。例えれば、たくさんの人間が協力して自転車や自動車を開発し、優れた運転手を用意した上で、ボルトとどちらが速いかを競うのと同じで、「コンピュータという道具を駆使した多くの人間」が「素の1人の人間」に挑んで、高勝率をあげているというだけのことだ。

ボルトが自動車に走り負けたって、それがどうした?という話であって、ボルトの速さが否定されるわけでもないし、ボルトの価値が下がるわけでもない。同様に、ソフトに負けたって棋士の強さや価値は何も変わらない。それどころか、それだけ多くの人間が道具を持って戦わなければかなわないほど強いわけで、棋士の凄さ、才能ある人間の脳の凄みがクローズアップされるほうがむしろ自然だ。将棋ソフトの制作者たちが、それをもっとも実感しているだろう。そして、将棋ファンはその“凄い人間技”を期待しているのであって、勝負の結果だけ、単なる強さだけを見ているのではない。プロ棋士対コンピュータというのは、(古い話になるが)阪急ブレーブスの盗塁王・福本豊さんが競走馬と勝負するイベントがあったが、あのような見世物に過ぎないのである。

●谷川会長はクビをかけて将棋を守った

今回の騒動を通して将棋連盟は、プロの将棋がそのような見世物でないことを明確にできた。道具を持たない人間対人間の勝負を期待しているファンに対して、その期待に応え続けられる状況を作ることができた。そもそも、対局中の棋士は他の棋士たちに助言を求めたりしないし、他の棋士が対局中の棋士に意見を言うことも絶対にない。それが将棋ソフトでも同じだと周知できた。ファンは今、これまでと同じように棋士を敬愛し、ワクワクしながらその将棋を見ることができている。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

川口 雅裕

組織人事研究者 /NPO法人「老いの工学研究所」理事長/一般社団法人「人と組織の活性化研究会」世話人

組織人事関連(組織開発・人材育成・人事マネジメント・働き方改革・健康経営など)や、高齢者・高齢社会をテーマとした講演を行っています。

フォロー フォローして川口 雅裕の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。