なぜ​仕事のミスは起こるのだろうか?

2016.06.14

経営・マネジメント

なぜ​仕事のミスは起こるのだろうか?

古江 一樹
株式会社ISO総合研究所 専務取締役

今日も、いろいろなところで仕事のミスが起こっています。そんな仕事のミスはなぜ起こるのでしょうか?ISO9001やISO14001が考える仕事のミスを起こさない方法を教えます。

◆誰もがいつでもミスをしている

「え~、それ前回は8mmでしたけど、今回は5mmだって伝えたし、図面に書いてたじゃないですかぁ~ 図面ちゃんとみてくれてますかぁ?」

お邪魔した営業先で商談している最中、打ち合わせスペースからこんな声がこぼれてきました。どうやら、仕事でミスが発生してしまったようです。

そんな私も、今日、仕事で軽いミスを起こしました。メモしていた内容を書いたつもりが、メモを見ながら入力したのに間違っていたようです。また社内でも、

・毎週月曜日に依頼している会議がスケジュールに入っていない。

・3パターン作ってと依頼してた作業が2パターンだけ上がってきた。

・打合せ前に段取りをお願いしていた作業の段取りなく、打合せに参加してきた。

などなど、いくつものミスと遭遇しました。

おそらく、皆さんもなんらかの仕事のミスに出会ったのではないでしょうか?

誰だって仕事のミスなんかしたくないのに、おそらくすべての企業で間違いなく起こっている仕事のミス。

そもそも、この仕事のミスってどうして起こるのでしょうか?


グーグルで仕事のミスって検索すると、検索結果には様々なノウハウのページを目にすることができます。内容を見ても原因は様々。それだけ難しいテーマだということなのでしょう。

そこで今日は、その色々ある考え方の中で、ISO9001やISO14001などのマネジメントシステムが考えている、の仕事のミスが起こる原因にに対してまとめてみようと思います。


ISOが教えてくれている、仕事のミスを起こさない考え方


まずはこの図をみてください。

これは、ISO9001やISO14001等のマネジメントシステム規格の骨格となっている単一プロセスの図です。

この図が表しているエッセンスをまとめてみると、

・アウトプットを実現するためにプロセス=過程がある

・アウトプットは、活動(仕事)を通して付加価値を与えた結果。

・アウトプットの後には、後プロセスがある。

・アウトプットを正確に行うためには、活動が正確に行われる必要がある。

・アウトプットを正確に行うためには、インプットが正確である必要がある。

・インプットが正確であるためには、前プロセス等がコントロールされている必要がある

などが挙げられます。

この、アウトプットが間違っている状態こそが、『仕事のミス』ということです。つまり、この図は仕事のミスを引き起こす要素がまとめられたものということです。

次のページ①正しく活動できていること

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

古江 一樹

株式会社ISO総合研究所 専務取締役

【1】月々たったの2.5万円で、ISO/Pマークが新規認証できます! 【2】月々たったの2.5万円で、ISO/Pマーク取得後の全ての作業をお手伝いします! 【3】月々たったの2.5万円で、ISOの規格改定の作業もすべてお請けします!

フォロー フォローして古江 一樹の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。