1年の春から就活は始まっている

画像: photo ac: himiko さん

2016.04.06

ライフ・ソーシャル

1年の春から就活は始まっている

純丘曜彰 教授博士
大阪芸術大学 哲学教授

/すべては就職のため。企業に評価されそうな科目を取って、縁故ができそうな課外活動をして、四年間という時間、高額の学費と生活費を無駄にしないように。大学の自由は、むしろ、自己責任で、自分の将来の夢と生活に向けて最善の選択をしなければならない、という義務だ。/

 大学に何しに行くの? 学問を究めるため、なんていうのは変わり者。ふつうは、卒業後に就職して、喰いっぱぐれないように、でしょ。高い学費も、生活費の仕送りも、すべて、そのための先行投資でしょ。


 大学になると、自分で講義を選択する。で、なんで最初から楽勝科目ばっか狙ってるのよ。そりゃ、もちろん単位を落としてしまったんじゃ話にならない。でも、いくら単位を取っても、卒業しただけ、っていうんじゃ、どうしようもないんじゃない? 大学の成績表って、企業に行くんだぜ。それも、就活が3年の終わりからとなると、まだ3年の成績は出揃っていないから、むしろ1,2年の一般教養の成績こそが問われる。そこで、そんな妙な科目ばかり取っていて、それで企業が君を取ってくれるか? それじゃ、喰いっぱぐれるよ。


 なんかよくわからない新書みたいなカタカナ名前の講義ばっかり取って、それが、優、だったって、なんだかなぁ、と思われるだけ。たとえば、同じ一般教養でも、「リクレーション入門」と「国際経済学概論」だったら、どうよ? リクレーションなんて、わざわざ大学で高い学費払って習うことか? というのが、企業の反応。実際になにをやるかはともかく、どうせなら、昔からあるような、硬そうな講義、漢字ばかりが並んでるようなやつの方が、成績表も見栄えがいい。


 それから、社会活動家とか、政治家になるのならともかく、そうでないなら、正直なところ、ややこしそうなの、ばかりだと、ふつうの企業からは敬遠されると思う。たとえば、同じ漢字ばかりでも「人間権利論」や「組合闘争史」みたいなのだらけだと、うわぁ、すごいですね、ということになる。同様に、右でも、左でも、テレビで吠えているようなバリバリの攻撃的活動家教授に関わったりすると、別に本人はそんなつもりが無かったとしても、世間ではその一派と見なされ、就職で苦労する。


 部活やサークルも就職前提で考えるべきだ。趣味は趣味。自分がいくら熱心にまともな活動をしていたとしても、趣味のサークルなど、企業の印象は概して悪い。スポーツ愛好会なんてどこも、スーフリ同然のちゃらいヤリサーとしか思われていない。まして、パーティの箱屋稼業でカネ集めしている国際ボランティアサークルみたいなのになると、いよいよ、うさんくさい。かといって、オタクだ、コスプレだ、なんていうのも、本人たちが思っているほど、また、マスコミが持ち上げるほど、企業側も好印象などということは絶対にない。意識低い系の吹き溜まりで、同類が傷を舐めあっているだけ。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

純丘曜彰 教授博士

大阪芸術大学 哲学教授

美術博士(東京藝大)、文学修士(東大)。東大卒。テレビ朝日ブレーン として『朝まで生テレビ!』を立ち上げ、東海大学総合経営学部准教授、グーテンベルク大学メディア学部客員教授などを経て現職。

フォロー フォローして純丘曜彰 教授博士の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。