売りつけたくない君へ(9)/契約できると思ったら・・・。

2015.10.26

営業・マーケティング

売りつけたくない君へ(9)/契約できると思ったら・・・。

伊藤 達夫
THOUGHT&INSIGHT株式会社 代表取締役

法人営業の基本をストーリー形式でわかりやすく解説していきます。通信会社の法人営業をケースとしていますが、ベースの部分はある程度広い範囲で適用可能だと思います。「売りつけたくない」とつい口走ってしまう人、自分が売れない理由が知りたい人、売れるようになりたい人、必見です。

 彼女と渋谷で蕎麦を食べてから2週間後。ミュージカルを見てから5か月半後。0時を回っていただろうか。

 寝ようと思ってアイフォンを確認するとLINEで彼女からのメッセージが入っていた。メッセージには『契約が取れました』とある。コニーが妙にピュアな目をしているスタンプが送られてきた。そして、『お祝いしてください』とあった。

 遂に取れたか・・・。良かった。

 『何が食べたい?』と送ると『北京ダック!』というメッセージとスタンプが送られてきたので、新宿御苑の中華料理店を予約することにした。少し高いがまあいい。こんなことも滅多にない。祝い事など久しくしていない。悪い気分ではない。

 更に二週間後、金曜日の夜。つまり、ミュージカルを見てから半年後。新宿御苑。北京ダックが安くてうまいと評判の店にやってきた。

 不思議なことに彼女は新宿御苑の駅で会ってからほとんど口を開かない。いつもは陽気で、契約が取れたとなればなおさら陽気になってもいいようなものなのだが・・・。北京ダックが運ばれてきても、コックさんがいろいろと解説しながら、北京ダックをくるんでくれても、いつものような無邪気な反応をしない。どうしたのだろう?

「どうした?元気がないな。契約が取れたんじゃないのか。」

「取れました・・・。」

 北京ダックのつつみをもぞもぞと食べながら彼女は言った。

 やはりおかしい。なぜこんなに元気がないのだ?

「取れたけど何かしらあったの?」

「ありました・・・。」

「で?」と聞いても彼女はしばらく黙っていた。うつむき気味にぼそぼそとつぶやいている・・・。

 なんかやばいな・・・。

「いいじゃないか。インセンティブを貰えたんだろ?」

「・・・。貰えないことになりました・・・。」

 これか・・・。手柄を横取りされたのか?でも、そこまで露骨なことはなかなかしないもんだが・・・。大企業だろ、一応・・・。

「なんで?」

「・・・。異動になりました・・・。」

「は?」

 契約が取れたのに異動なのか?不自然だが、そういうこともあるのか?

「異動です。営業じゃなくなりました。昨日からもう別のフロアです。開通作業は引き継いだ人とやっていて、その人がインセンティブをもらいます。3件分引き継ぎました。3件分のインセンティブが消えました・・・。」

「そ、そう。で、どこに異動になったの?」

「営業企画です。新しい営業のやり方の標準化を担当することになりました。誰もやっていないからゼロから始めるそうです。というか、担当者は私だけです。」

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

伊藤 達夫

THOUGHT&INSIGHT株式会社 代表取締役

THOUGHT&INSIGHT株式会社、代表取締役。認定エグゼクティブコーチ。東京大学文学部卒。コンサルティング会社、専門商社、大学教員などを経て現職。

フォロー フォローして伊藤 達夫の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。