売りつけたくない君へ(5)/「上司を連れてこい」って言われたんです。

2015.08.31

営業・マーケティング

売りつけたくない君へ(5)/「上司を連れてこい」って言われたんです。

伊藤 達夫
THOUGHT&INSIGHT株式会社 代表取締役

法人営業の基本をストーリー形式でわかりやすく解説していきます。通信会社の法人営業をケースとしていますが、ベースの部分はある程度広い範囲で適用可能だと思います。「売りつけたくない」とつい口走ってしまう人、自分が売れない理由が知りたい人、売れるようになりたい人、必見です。

 南大沢のミートレアでタピオカ入りシークワサーを飲んでから2週間後。ミュージカルを見てから3ヵ月半後。

 報告会を終えて、大手町の寿司屋で放心状態になっていた。クライアントが入っているビルから少し離れたサンケイビルの地下。時計は16時を指していた。心地のよい疲れではある。バリューがあったと自分で思ってはいけないが、なんとか最低限のレベルの報告ができたと思う。いつものことだが、報告会が終わると何もする気にならない。遅めのランチを食べ終わった寿司屋のテーブルでひたすらに虚空を眺めていた。

 すると、ポケットの携帯電話が震えるのを感じた。誰だろう。あまりとる気がしないが、なかなか切れない。ずっと震え続けている。しつこい。ろくな話ができる気がしないが、仕方なしに電話を取った。

「先生、やばいです!」という切迫した声が聞こえた。

 誰かはわかるが名乗れよ・・・。

「何・・・、どうしたの・・・。」

 とりあえず、聞いてみる。やばいというから、やばいんだろう・・・。今度は何をやらかしたんだ・・・。

「怒っちゃいました。」

 おいおい。クレーム発生か?

「お客さんを怒らせちゃったの?」

「違います。」

 良かった。お客さんを怒らせるのは、いい経験とも言えるが、クレームが会社に入ることもある。それで飛ばされたりすることもある。けっこうまずい。

「何があったの?」

「私が怒っちゃったんです。」

「なんだって?」

「私がお客さんに怒っちゃって、帰ってきちゃいました。」

「お客さんに怒ったの?あなたが?」

 思わず大きな声になってしまい、店内を見回す。中途半端な時間だからか、お客さんは少ない。良かった。いや、良くない・・・。意味がわからない。なぜお前が怒る。営業は決して怒ってはならない。感情を荒げてはならない。

「はい。」

「もっとやばいだろ・・・。」

「やっぱり、やばいですかね?」

「ああ、ちゃんと上司に報告しろ。それで謝る必要があれば、謝りに行け。」

「また会ってくれますかね?」

「いや、会ってはくれないだろうけど、電話でもいいから謝れ。上司に相談して対応を考えろ。」

「でも、聞いてください。」

「何を?」

「経緯です。」

「はあ。いいけど、長い?」

「長電話は嫌ですよね。先生はどこにいます?」

「大手町だけど・・・。」

 なんか嫌な予感だ。長電話は確かに嫌なのだが・・・。今、人に会うのはもっと嫌だ・・・。

「じゃあ、大手町に行きます。」

 予想通りだ・・・。でも、仕方がない。今日はもう予定はない。疲れ切っているだけだ。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

伊藤 達夫

THOUGHT&INSIGHT株式会社 代表取締役

THOUGHT&INSIGHT株式会社、代表取締役。認定エグゼクティブコーチ。東京大学文学部卒。コンサルティング会社、専門商社、大学教員などを経て現職。

フォロー フォローして伊藤 達夫の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。