プロジェクトに成功をもたらす最も大切だと思うこと

画像: MarianOne

2015.07.31

仕事術

プロジェクトに成功をもたらす最も大切だと思うこと

坂口 健治
クイックウィンズ株式会社 代表取締役

これまでプロジェクトマネージャとして幾つかのプロジェクトに携わってきた。 プロジェクト毎に発足の背景も違えば、課題もゴールも違う。また携わるメンバーも違うため、どれ一つとっても同じプロジェクトは無い。だが、プロジェクトを成功に導くためにプロジェクトマネージャが気にかけておくべき最も大切なポイントがあると思う。

プロジェクト管理ルールの導入はお作法的な位置づけ

タイムライン(スケジュール)、WBS、リソース計画、課題管理、品質管理、進捗管理基準、移行計画、クオリティゲート、テスト戦略、トレーニング計画、Go Live判定基準....と、きりが無いが、どれ一つとっても成功に導く大切な考え方だ。このようなプロジェクト管理フレームワークの導入はプロジェクト運営のお作法的な位置づけでその導入は前提事項と言えるだろう。


問題はプロジェクトメンバーの能力を引き出す努力をしているかどうか

現場感覚としてもっとも大切だと感じること、それはプロジェクトメンバーの参画意識の高まりとそれによる各自の力の発揮だ。つまり、メンバーそれぞれがどれだけ本気でこのプロジェクトに関与しようとしているかだ。


(実際のプロジェクトでは点数化されることはないが、)伝えたい事の例えとして、10名の関係者によってプロジェクトが構成されたとしよう。それぞれが10点の力を持っている。プロジェクトのGoalは最終的に100点を上回る総合力を発揮した場合にのみ達成されるとする。

(1)全員頑張るケース
100=10+10+10+10+10+10+10+10+10+10


(2)互いに補うケース
100=7+10+8+15+20+3+10+9+8+10

(3)スーパーマンがカバーするケース
100=50+3+3+3+5+7+10+8+6+5


(1)のケースがベストだが現実的ではない。(3)の場合は小規模か、超短期なプロジェクトならありえる。(2)が最も多く、それなりの規模で複雑さを兼ね備えたプロジェクトではこのケースが多い。


では、失敗するプロジェクトではどうか。
優秀なメンバーが揃っていたとしても、何らかの理由で最初から10点を出そうというドライブが働いていないように思える。つまり、こういうケースだ。

(4)そこそこ頑張るが失敗する
80=8+7+12+9+7+7+8+8+6+8


この(4)のケース、それぞれ頑張っているのだが、だれもが成功へのコミットが低い。全体を見て不足部分を補おうとするものがおらず、それに気がつかずに(あるいは気がついていても結果的に)放置されるとこうなる。


この不足点の20点は、時間であったり、成果物だったり、その品質だったり、「やる気」そのものであったりと様々なので、あえて抽象的に書いた。

まとめ

プロジェクトマネージャの仕事で最も大切なことは、Goalに到達させることだが、そのGoalを見据え、100を達成させるために全体的な観点から100点に届かないリスクを見極めるといったアプローチで、個々のメンバー/個々の能力発揮のパフォーマンスを最大化することではないか。プロジェクト管理手法などは、そのためのツールなので、適当に上手く当てはめて使えば良いのだ。

プロジェクトマネージャはプロジェクトメンバーの持てる力をそのプロジェクトに発揮させることに最大限の配慮をすべきだと思う。自分自身できていないことも多々あるので自戒を込めて。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

坂口 健治

クイックウィンズ株式会社 代表取締役

所属企業のカンバン、規模によらず個人が持つ付加価値やパーソナリティでビジネスプロフェッショナルがもっと輝きもっと活躍できる社会への貢献をVisionにQuickWinsを創業。INSIGHT NOW! ファウンダー、運営事務局メンバー

フォロー フォローして坂口 健治の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。