風評被害だ!はオウンゴール

2015.05.13

営業・マーケティング

風評被害だ!はオウンゴール

純丘曜彰 教授博士
大阪芸術大学 哲学教授

/風評は、一般のお客さまの不安という、根も葉もある厳然たる事実。これを罵倒非難しても、一般のお客さまを激減させるだけ。お客第一、お詫びと感謝を忘れれば、大きな試練が与えられる。/

 箱根町長の第一声が「風評被害」で驚いた。風評だ、根も葉も無い噂だ、という方が、大衆を口先だけで騙そうとする「デマ」じゃないのか。そもそも、風評被害だ、と当たり散らすことで、いったい誰を攻撃してしまっているのか理解しているのか。危ないんじゃないか、と言っているのは、一般のお客さまだぞ。もちろん、一般のお客さまはべつに専門家でもないのだから、たしかにその話に根も葉も無いかもしれない。だが、不安な気持は、一般のお客さまたちの、根も葉もある厳然たる事実だ。その存在と広がりは、ウソでも、デマでもない。


 なのに、おまえら、ドシロウトだろ、バカなんじゃないの、なんにしても、オレたちの商売のジャマになるようなデマカセを言いふらすんじゃねぇよ、と罵倒非難して、それで、ああ、私たちが間違っておりました、回心しますから、どうかお願いです、これまでどおり箱根に登らせててください、なんていう、卑屈な客がいるものか。こんな言われようでは、ウワサをするのさえも止め、あいつら、関わると面倒くさい、ほっておこう、と、ひたすら無関心になるだけ。反感を持つ敵を増やしてしまっただけ。


 そもそも、箱根の住民にしても、いったいどこまで火山の専門家なのか。いや、火山の専門家ですら、火山の今後のことなど、わかるものか。危険だ、というのが根も葉も無いのなら、同様に、安全だ、というのも根も葉もあるまい。根も葉もない安全を言いふらして、本当は危険かもしれないところに客を集めようという魂胆のどこが、おもてなし、か。むしろ、それは、オレサマ中心のカネ儲け第一主義。おもてなしの対極だ。


 もともと箱根なんて、自分たちで湯を沸かしているわけでもなし、天然の風光明媚な場所に店や旅館を構えただけで、江戸時代から数百年、その既得権と慢心で、ほっておいても、客どもはカネを持って自分たちの所に来たがるもの、と、心底、勘違いしてしまったのだろう。これまでにしたって、火山そのものは、以前からこんなもの。都合の良い方の「風評」のおかげで喰ってこれただけ。しかし、昨年の御嶽山の事件もあり、今回、連休にぶつかり、初めてマスコミ取材の荒波に晒され、初動対応を過った。つまり、火山のせいではなく、自分たちの不首尾こそがお客さまを激減させてしまったのだ。


 実際、もっと不安定な火山を抱えながら、その観光地として、多くの人々の信頼と愛顧を得て、長年、うまくやっているところは他にいくらでもある。今般、世間をお騒がせして申しわけごさいません、大勢の皆様に御心配をいただき本当にありがたく思っております。私どもにもわからないことばかりですが、関連の諸官庁および専門の諸先生の御指導を仰ぎながら、お客様の安全こそを最優先に、これまで以上に、できるかぎりのおもてなしをさせていただきたいと心より願っておりますので、どうか御安心してお出ましください、とでも言っておく如才のなさはないものか。

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

純丘曜彰 教授博士

大阪芸術大学 哲学教授

美術博士(東京藝大)、文学修士(東大)。東大卒。テレビ朝日ブレーン として『朝まで生テレビ!』を立ち上げ、東海大学総合経営学部准教授、グーテンベルク大学メディア学部客員教授などを経て現職。

フォロー フォローして純丘曜彰 教授博士の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。