町おこしより町そうじ

2015.04.16

経営・マネジメント

町おこしより町そうじ

純丘曜彰 教授博士
大阪芸術大学 哲学教授

/地域イベントなんて、終末医療の痛み止めドーピング。その一日だけ賑わって儲かっても、通年では町や村は疲弊劣化するだけ。それでイベント中毒になり、気がつけば、ゴミ町、ゴミ村。自分たちの資産価値、観光資源の向上、生活基盤の確保のためには、まず掃除、景観維持。/

 季節が良くなると、あちこちで観光イベント。でも、あれ、やればやるほど、町や村は疲弊劣化する。昔の賑わいを取り戻したい、なんて、年寄りの涙を誘う夢の一発イベントは、ドラマの中だけの話。イベントをやれば、押し寄せる観光客の駐車場代などで簡単にアブク銭が手に入る。これに味をしめてしまうと、みんな、それ以外の日は、カネにもならん、って、なにもしなくなる。それどころか、年に一日のイベントのカネ儲けに備え、我先に田んぼでも畑でも埋め立ててジャリを撒き、駐車場にしてしまう。


 だけど、この十年は暇な退職団塊世代で観光客が増えてきたかもしれないが、これからは絶対の少子化。おまけに今の若いやつらは車も買えない。簡単には僻地まで来てはくれなくなる。あとに残るのは、がらがらすかすかのジャリ野原と「駐車場こちら1日500円」の剥げた看板だけ。


 県も悪い。面倒を見切れないものだから、町や村に地域振興予算を丸投げ。しかし、町や村にそうアイディアがあるわけがなく、どこかの町や村のサル真似だらけ。それも、田舎のイベントなんて、どこも自然資源頼みで、桜か連休、お盆など、ぜんぶ日付が被る。さもなければ、怪しげな都会のコンサルが潜り込んで、落ち目の客寄せタレントを使い、なけなしの予算を丸ごと掠め取ってしまう。あとはやっぱりジャリ野原。


 ようするに、地域イベントなんて、一種の終末医療の痛み止めドーピング。人口減で予算減なのに、他の町や村との競争で、どんどん薬の量を増やさないと、痛みは悪化。それでイベント中毒。しかし、それは、村の美しい自然資源というストックを食い潰しているだけ。そこら中に黒マルチだの農薬飼料の袋だのの破れて飛んだのが絡まり、ポリ風呂の汚いのがビニールハウスの横に転がり、廃材処理場が景色も見えないほどの高い壁を作ってしまう。道の駅も、喫茶コーナーの半分に、使い古しの段ボールの腐ったのが積み上がっている。風呂屋のような巨大農家の隣にカナディアンログハウスが建ち、その裏にはオンボロで廃墟みたいな町営の安物アパートがひしめく。自覚は無いのだろうが、それはゴミ屋敷ならぬ、ゴミ村、ゴミ町。


 京都の街を見てみろ。一年三六五日、観光客が来ている。あれ、自然にそうなっているわけじゃない。比較して悪いが、奈良の都なんか跡形も無いだろ。京都は、その街の住民が、自分たちで毎日努力して、自分たちの街の資産価値、観光資源を維持し、ストックに変えて積み上げ、それを千年も続けてきた。たとえば、門掃き(カドバき)。京都の町屋では、朝食より前、6時半くらいには、自分の家の前と隣半間、90センチくらいまで掃いて、打ち水をしておかないといけない。当然、家の前だの周囲だのに、放火されそうな、いらんものを置いたっぱなしなんて論外。カネに任せて景観を壊す赤白縞々の家を建てるような野郎は、団結して意地悪して絶対に地域から追い出す。こういう御近所同士の気づかい(締め付け)で、いつ、どこへカメラを向けても情緒深い景色が撮れる美しさを保っている。だから、客が来る。

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

純丘曜彰 教授博士

大阪芸術大学 哲学教授

美術博士(東京藝大)、文学修士(東大)。東大卒。テレビ朝日ブレーン として『朝まで生テレビ!』を立ち上げ、東海大学総合経営学部准教授、グーテンベルク大学メディア学部客員教授などを経て現職。

フォロー フォローして純丘曜彰 教授博士の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。