BtoBサイトを効果的に改善するWEBマーケティング計画の立て方

画像: Toshihiro Gamo

2015.04.01

IT・WEB

BtoBサイトを効果的に改善するWEBマーケティング計画の立て方

荻野 永策
株式会社ALUHA 代表取締役社長

WEBマーケティングでは「PDCAによる改善」が重要であることは言うまでもない。そこで、今回の記事では、WEBマーケティングを「ニーズ調査・コンテンツ設計とWEB制作・集客・効果分析・デザインの比較検証」という5つの段階に分解し、各段階で何をすべきか、そしてどう計画を立てPDCAを回すべきかの概要を説明する。

目次

(1)WEBマーケティング計画とは何か?

(2)デザインが5番目に来ているワケ

(3)段階1「ニーズ調査」

(4)段階2「コンテンツ設計とWEB制作」

(5)段階3「SEO対策とリスティングで集客」

(6)段階4「効果分析で仮説を確信に」

(7)段階5「デザインの比較検証」

(8)まとめ「年間計画の立て方とPDCA」

なお、この記事は、2015年3月30日に弊社のブログで公開した記事をそのまま掲載しています。

WEBマーケティング計画とは何か?

そもそもWEBマーケティング計画とはどのようなものだろうか?それは、大きく分けると下記の5つの段階に分類できる。

(1)ニーズ調査(WEBの検索市場においてどのようなニーズがあるのかを確認する業務)

(2)コンテンツ設計とWEB制作(ニーズに基づいて見込み獲得のためのWEB設計を行う業務)

(3)集客(制作したサイトへの集客を行う業務)

(4)効果分析(集客結果から検証データを収集しニーズの有無の判断とコンテンツの改善を行う業務)

(5)デザインの比較検証(デザインを検証する業務)

この5つの業務を年間計画としてどう立てるか?がWEBマーケティング計画となる。さらにマーケティング活動としてみれば、ニーズ調査の結果は商品戦略、差別化戦略、価格戦略等にも連動する必要があるが、ここでは、そのあたりは排除し、あくまでWEBコンテンツを中心に説明を進める。

ちなみにWEBマーケティング計画がないと、概ね下記のような問題が発生する(ことが多い)。

(1)WEBを作ったあとはほったらかし状態。作った意味がほとんどない

(2)ニーズ確認から効果分析までの全体の流れが社内に蓄積せず、いきあたりばったりのWEB戦略になる。その結果、「WEBマーケティングでの成果の出し方」がわからない。

こういった問題を回避するためにも、この記事の内容を参考にして、御社でもWEBマーケティング計画をしっかり立案しよう。

デザインが5番目に来ているワケ

少し余談になるが、上述したWEBマーケティング計画では、デザインが5番目にきている。

(1)ニーズ調査

(2)コンテンツ設計とWEB制作

(3)集客

(4)効果分析

(5)デザインの比較検証

通常、デザインはWEB制作時に行うことが多いが、著者はあえて最後に行うようにしている。理由は2つある。

1つ目の理由は、コンバージョンを得るためには「デザインよりもコンテンツが重要である」と考えているからだ。

次のページ段階1「ニーズ調査」

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

荻野 永策

株式会社ALUHA 代表取締役社長

Javaプログラミングができるマーケティング、営業戦略コンサルタント。

フォロー フォローして荻野 永策の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。