テレビ降板逆ギレの勘違い

2015.03.28

組織・人材

テレビ降板逆ギレの勘違い

純丘曜彰 教授博士
大阪芸術大学 哲学教授

/テレビのコメンテーター依頼は、基本的にすべて単発。その日の話題に合わせて、そのつどに最適の人選をするだけ。それを、降ろされた、政府の圧力だ、などと陰謀説で逆ギレするのは、自分はずっと毎回、呼ばれて当然、とでも勘違いしているのだろうか。/

 番組改編期。番組を降ろされた、政府の圧力だ、などと陰謀説を喚き散らすコメンテーターがいたりする。だが、もともと番組の出演依頼は、基本的にすべて単発。登板はあっても、降板は無い。毎週、呼ばれていた、としても、それはたまたまであって、けっして定期レギュラー契約ではあるまい。それをかってに既得権のように勘違いして、降ろされた、と逆ギレするシロウトは、局としてはさぞ迷惑だろう。

 根本は、昨今の株式会社の問題と同じ。テレビ局は誰のものか。絶対に、個々の番組の出演者たちのものではない。民放は株式会社ながら、国民こそが、公共の電波帯を供与し、独占使用を認めることにおいて、その事実上の現物出資者であり、そのオーナーだ。ここにおいて、その経営者は、その公共性に鑑みて番組編成方針を決める。だから、民放上層部が自局の個々の番組の方向付けをするのは、日常業務の一環。とくに改編期であれば、見直しは当然。

 むしろ問題は、局内にあって独立勝手に振る舞うヤクザのような番組集団。とくに映画会社の系列の寄せ集めでできた局、東京の外部スタジオを根城に使っている番組、特定制作会社委託の既得権枠では、こうした長寿番組の「悪性腫瘍」が常態化しやすい。それは、特定のプロデューサーたちを中核とする私兵集団で、安定した視聴率を背景に、営業を飛び越してスポンサーの強い支持を直接に取り付けており、局の編成側も口約束などの内情がわからず、手も出せない。

 もちろん、それでうまくいっているうちはいいのだが、おうおうに局内外の資金の流れが不明瞭になり、いろいろな番組利権の怪しい私的なバーター取引の温床ともなって、醜聞が吹きだまり、いずれ大がかりな外科手術、さらには番組そのものの打切りをしなければならなくなる。しかし、これをやると、その穴は大きく、その後にそれ以上に当たる番組を投入できることはマレで、手を入れた側の責任問題となる。だから、ずっと、みんな見て見ぬふりで、ウミが溜まる。

 どこぞのアホな政治家のように、だれだれは偏向している、使うな、などと局に言うのは、逆に自分の偏向のひどさを晒しているオウンゴールのようで、話にもならない。自分を外すのは偏向だ、と喚き散らすのも、まったく同じ。公平・中立・客観というのは、番組として、局としての問題で、個々のコメンテーターは、自覚の有無の差はあれ、それぞれ左右に振っているに決まっている。それらの人々をバランス良くキャスティングし、全体として、幅の広がり、視野の多様性を確保することこそ、制作側の使命。番組内でその自律自浄ができないのであれば、病巣が悪化する前に返り血覚悟で編成や上層部が大ナタを振るうこともある。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

純丘曜彰 教授博士

大阪芸術大学 哲学教授

美術博士(東京藝大)、文学修士(東大)。東大卒。テレビ朝日ブレーン として『朝まで生テレビ!』を立ち上げ、東海大学総合経営学部准教授、グーテンベルク大学メディア学部客員教授などを経て現職。

フォロー フォローして純丘曜彰 教授博士の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。