若者の生き血をすする業界妖怪

2015.01.25

ライフ・ソーシャル

若者の生き血をすする業界妖怪

純丘曜彰 教授博士
大阪芸術大学 哲学教授

/デビューさせてやらぬでもない、なんて言って近づいて来る業界人にロクなやつがいるわけがない。そんな連中の世話になったら、一生が台無しになる。文筆も、芸術も、本来は実力の世界だ。自分の作品を作り続けていれば、本当のファンは後からついてくる。/

ワシの命に従えば仕官させてやらぬでもない、なんて、悪代官のセリフそのものじゃないか。それで、ゴーストだ、枕だ、上納金を寄こせ、言うとおりの仕事をしろ、なんていうことになる。連中は、高利貸しより悪質で、搾り取るだけ搾り取ったら、ぽいっ。頭も心も病的に弱い、そのくせ自意識ばかり高いユトったバカは、いくらでも後から調達できる、才能も無いくせに、業界入りしたいなんて、もともと自業自得なのだ、いくら逆恨みされても、しょせんはゴマメの歯ぎしりよ、いくらユトリバカでも、こっちが文字通り裸の写真、作品の出版権などを握っていることの意味くらい、わかっておろう、というのが、やつらの考え。

かつては各所でさまざまな本気の真摯なオーディションも開かれていた。ところが、昨今は、有名タレントや有力政治家・官僚二世の華々しいデビューを飾るための八百長の出来レースだらけ。作家などですら、国営放送にまで根を張る放送作家崩れや、その声懸かり、お手つきばかり。その他は当て馬。才能のある若者が業界に入り込むチャンスは、いまやほとんど完全に閉じられている。それで、藁にもすがる思いで、ちょっとした有名人との出会いにでも全身全霊を捧げてしまう。

だが、有名人、と言っても、じつはとっくに死人。長寿番組の司会者にしても、次々と生きのいい新人たちを殺して生き延びているだけ。Kヤナギだの、Tワラだの、Tモリだの、輸血が途絶えたらオシマイのリビングデッドたち。もともと取材力も情報力も無く、時代に追いつけなくなったSグチやFタチ、新聞や週刊誌などは、過去の亡霊たちを集めて、まいどおなじみの壇ノ浦座談会。サブカルチャーでも、半端な昔知りの連中が幅をきかせているが、評論だけの終わった死人たちは、本当の製作現場では最初から誰もまともに相手されてはいない。

こんな死んだ妖怪連中には、最初から関わらない方がいい。チョビ髭のロッカー気取りも、不幸続きの零落作曲家も、デビュー当時に妖怪たちの世話になったばかりに、その後の人生もぐちゃぐちゃ、還暦近くもなっていまだに内情はヒヨッコ奴隷の身の上。その他のタレントや俳優、芸人、作家、漫画家、脚本家などの業界でも、「飼い主」の檻の中でおとなしくしていればこそ。ちょっとでも余計なことをすれば、あること、ないこと、業界はもちろん、雑誌新聞まで総動員して吹聴し、絶対確実に干し上げる。これは「ガスライティング」という手法。映画の『ガス灯』で知られるようになった。

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

純丘曜彰 教授博士

大阪芸術大学 哲学教授

美術博士(東京藝大)、文学修士(東大)。東大卒。テレビ朝日ブレーン として『朝まで生テレビ!』を立ち上げ、東海大学総合経営学部准教授、グーテンベルク大学メディア学部客員教授などを経て現職。

フォロー フォローして純丘曜彰 教授博士の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。