​忙しいのは人のせい?

2013.10.24

ライフ・ソーシャル

​忙しいのは人のせい?

純丘曜彰 教授博士
大阪芸術大学 哲学教授

/他人の思いつきの用事のせいで、永遠に自分の仕事にたどり着かない。同様に、簡単な仕事から先にしていると、難しい仕事には取りかかれない。予定は、自分の人生の難しい課題に取り組むためにこそ立てるもの。他人に媚び、安直に甘んじるのを止めることから始めよう。/

 予定表にto doを書き込む。だが、それが一日にいくつもあるとき、あなたはそれを[今すぐ/後で]に分け、とりあえず[今すぐ]を片付けてしまおうとする。だが、これはまずい。それが片付いたころには、次の[今すぐ]がまた大量に入ってきて、[後で]は、もっと先送りになる。それで、いまだに[後で]は[後で]のまま。


 他人の仕事/自分の仕事と言い換えてみると、本質がよくわかる。なぜ[今すぐ]なのか? 自分自身の予定であれば、自分自身で前もって心の準備をしている。ところが、他人は、自分の思いつきで、突然に言い出し、周囲を振り回す。それで、あなたが他人の[今すぐ]をなんとかしなければならないハメに陥る。たとえば、電話。出ないわけにもいくまい。それで、あれどうなってた? と聞かれれば、折り返しかけ直します、と言って、すぐに調べることになる。だが、よく考えてみよう。それを優先すれば、本来の仕事が遅れる。すぐに返事をしないと、相手はむくれるかもしれないが、本来の仕事を遅れさせて、むくれる連中だっている。どっちが大切なのか。どっちが自分の本来の責任なのか。両方にいい顔をすることはできない。

 また、人は、とりあえず簡単な仕事から片付けようとする。楽勝だから、その先の予定も立てやすい、などと言う。しかし、これまた同じ。簡単な仕事が片付いたころには、次の簡単な仕事が山ほど入り込んでいる。それで、難しい仕事は永遠に先送り。とはいえ、楽勝なら、そんなのは、もうあなたの仕事ではない。後輩かなにかにやらせて、自分は自分しかできないもうひとつ上のレベルの難しい仕事にチャレンジすることこそ、自分の責任じゃないのか。もちろん、チャレンジは失敗するかもしれない。だから、やっぱり簡単な仕事のルーティンワークの方がいい、って、それではハムスターが回し車を漕いでようなもの。そこでどんなに努力しても、どんなに早く回しても、永遠にそれは前には進まない。前に行くには、[後で]の自分の難しい仕事に自分が乗り出してこそ。[後で]のことに手を掛けてこそ、自分自身が前に、外に進み出る。

 人生は、だれでも1日24時間、1年365日、せいぜい80年しか無い。どうでもいい他人の思いつきの暇潰しに、自分の人生を食い潰されてたくないなら、義理ごとは、まさに義理程度の最低限に絞り込んで、自分の人生の次の難しい課題に取り組んでいかないといけない。義理ごとに必要以上の最善を尽くして相手を喜ばそうとしたところで、相手は当然としか思わない。それどころか、あなたは、よほど暇で、いつでも安く便利に使えるやつ、として、さらに搾取されるだけ。いくら簡単な仕事を要領よくこなせるようになっても、それは、人間として夢を失い、ただ堕落していっているだけ。

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

純丘曜彰 教授博士

大阪芸術大学 哲学教授

美術博士(東京藝大)、文学修士(東大)。東大卒。テレビ朝日ブレーン として『朝まで生テレビ!』を立ち上げ、東海大学総合経営学部准教授、グーテンベルク大学メディア学部客員教授などを経て現職。

フォロー フォローして純丘曜彰 教授博士の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。