ネットはシャッター商店街

2013.08.04

IT・WEB

ネットはシャッター商店街

純丘曜彰 教授博士
大阪芸術大学 哲学教授

/ろくに人に語るべき情報もないガキと老人が吹き溜まった結果、ネットはSN比が悲劇的に悪化。すさんだシャッターだらけの地方都市さながらの場末状態。しかし、いまさら他人と話題を合わせなくてもいいのだから、そんなものに振り回される必要もあるまい。/

 ネットの創生期、自分たちの大学のコンピュータを世界に繫ぐだけでも、とてつもない苦労だった。いまのようにネットで調べようにも、そもそもネットに繋がっていないのだし、本でさえまだほとんどなく、マシンも設計自体がばらばらで、ただ試行錯誤を繰り返すしかない。いや、それ以前に、外に繫ぐ、というだけで、なぜそんな余計なことを、と、部外者たちに邪魔された。そのかわり、いったん繋がってしまえば、アマチュア無線のように、海外のまったく会ったことも無い相手でも、仲間として連絡を返してくれた。一定の水準に達していない者は入り込めない一種の秘密結社のようだった。


 あれから四半世紀。いまや誰でも、四六時中、ネット。歩きながら、自転車に乗りながら、それどころか車を運転しながらまでのネット中毒。その結果、もはやネットは傍若無人のスクランブル交差点。リアルな世界でだれにも相手にされていない暇なガキや老人ほど、人に語るべき情報も無いのに、自己の存在証明だけのために、しゃしゃり出てきて、人に絡みまくる。かくして、SN比(シグナル/ノイズ)は悲劇的に悪化。検索を駆使すればどうにかならないことはないが、ボランティアでおもしろい情報を提供していた有志たちは、ガキや老人の居座り、絡みを嫌って、表通りからは徐々に撤退。まるで、地べたに座り込んでカップラーメンを喰っているガキたちのたまり場のコンビニと、茶飲み老人たちが店の奥で延々とだべり続けている古い帽子屋や学生服屋しかない地方都市のシャッター商店街のようになってきた。


 アフィリエイト広告やウィキペディアなどに象徴されるように、ネット情報の大半は、孫引き、曽孫引きの古いネタの寄せ集め。そもそもアフィリエイトとは、養子、という意味。人々は、本人が語りたがるほど、オリジナルの情報など持ってはいない。だから、人の情報の受け売りで、勝手に養子になりたがる。それも、プロのジャーナリストのように、裏を取る基本も技術も無いから、正体不明のウワサだけが秒速瞬殺で広まる。暇つぶしなら、そういう怪しげなヨタ話につきあうのもいいが、本業で急がしいまともな連中は、ちゃちゃっと実店舗の直営サイトでネットショッピングをする以外は、余計な面倒に関わりたくもあるまい。


 なぜ地方都市がダメになったのか。活性化だ、町おこしだ、賑わいが大切だ、とか言って、ろくな商品も置いていない店舗に、ろくにカネも持っていない暇なガキと老人ばかりがたむろった結果。そういうところには、まともな連中は寄りつかない。ネットも同じ。名目上のアクセス数だけを誇って広告収入を得ていたサイトも、そこに何度もアクセスしている連中にはじつはリアルな購買力がほとんどないことがバレれば、やがて価格ダンピングに苦しむことになるだろう。そうでなくても、いったんガキと老人のヨタ話の吹きだまりになってしまうと、そこはもう場末。アクセス数も、遠からず破局的に急落する。

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

純丘曜彰 教授博士

大阪芸術大学 哲学教授

美術博士(東京藝大)、文学修士(東大)。東大卒。テレビ朝日ブレーン として『朝まで生テレビ!』を立ち上げ、東海大学総合経営学部准教授、グーテンベルク大学メディア学部客員教授などを経て現職。

フォロー フォローして純丘曜彰 教授博士の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。