若者たちの貴重な時間を奪うな

画像: www.audio-luci-store.it

2013.01.28

経営・マネジメント

若者たちの貴重な時間を奪うな

純丘曜彰 教授博士
大阪芸術大学 哲学教授

/古い連中が基本と思うことは、古いパラダイムの中での話。新しいパラダイムにおいては、そんなものは根本から不要だったりする。しかし、下位互換性がないために、古い連中は、そのことを理解することさえできない。/

 学生たちからグチを聞くことが多い。映像関係で言えば、たとえばいまだに16ミリフィルムだの、6ミリテープだのの編集をやらせる。着ぐるみと火薬を使った特撮だの、ラテックスの特殊メイクだのを実習だと言う。できる学生ほど、いまだにこんなバカなことやっているんですよ、先生、と泣きついてくる。教えている連中からすれば、これこそ基本だ、と思っているらしい。だが、とっくの昔に世界の映像製作のパラダイムが変わってしまっているのだ。根本思想が異なるのだから、何が基本か、からして違っている。

 フィルムやテープは、コマが時間順序で並んでいる線形だ。しかし、現在、マルチチャンネルのレイヤーを使ったデジタルのノンリニア編集の方が主軸になっている。個々のカットやサウンドは、部品のサンプルにすぎない。これらが何層にも重なって、それぞれにフィルターやエフェクターが掛けられ、見えるもの、聞こえるものを形作っている。線形で、すぐ隣に繫ぐだけの編集ではなく、立体的に上に乗せて、短い繊維から大きな平面を織り出すような編集のイメージこそ、頭の中に図式的に構築しておく必要がある。

 特撮など、たかだか戦後の二十年間くらいはやっただけのもので、文化財として保護すべき歌舞伎や文楽のような伝統芸能でもあるまい。むしろ、CGの中に、サーボクレーンで撮ったグリーンスクリーン前の実写の演技を取り込むのが当たり前。まして特殊メイクなど、いまや夏のオバケ屋敷くらいのもの。たとえば、『パイレーツ・オブ・カリビアン』などでも、役者の演技は、体の位置決めだけ。その位置に従ってCGが動いている。

 たとえ結果は似ていても、算盤やタイプライターとパソコンとの違いくらい、基本原理が異なる。専門的に言えば「パラダイム」というやつだ。エクセルやパワーポイントを使いたいのに、基本はまず玉の打ち込みとタイピングですっ、では、二進法とブラインドタッチから、などと延々とムダな練習をやらされるようなもの。

 しかし、問題は、こういう話は下位互換性が無い、ということ。パソコンを使えるやつは、そのほとんんどの機能を殺したものとしてタイプライターも理解できるが、タイプライターしか使えないやつに、パソコンが何であるかは、絶対にわからない。やつらは、パソコンをせいぜい電卓付きタイプライターくらいのものとしか理解できない。だから、連中に、何がわかっていないのか、説明のしようがない。

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

純丘曜彰 教授博士

大阪芸術大学 哲学教授

美術博士(東京藝大)、文学修士(東大)。東大卒。テレビ朝日ブレーン として『朝まで生テレビ!』を立ち上げ、東海大学総合経営学部准教授、グーテンベルク大学メディア学部客員教授などを経て現職。

フォロー フォローして純丘曜彰 教授博士の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。