新しいネットショップの形、小売業の新しい売り方

2013.01.11

営業・マーケティング

新しいネットショップの形、小売業の新しい売り方

荻野 永策
株式会社ALUHA 代表取締役社長

本日のコラムは、「新しいネットショップの形」について、日経MJの1月4日号に掲載された「どこでもストア、お客のそばへ」の記事を例に考えてみます。このコラムにより、「ウチのお店も、こういう風な売り方をすれば、差別化になるのでは?」と、小売業界の新しい活路のヒントになれば幸いです。

こんにちは!WEBを活用した営業戦略コンサルタントの荻野永策です。

この記事の内容

1:参考記事のご紹介
2:新しいネットショップの形
3:来店型でも移動型でも商売可能
4:仕入れ先は無数。普段手に入らないものまでリアルで購入可能に
5:リピート購入の仕掛けも準備して売上拡大
6:これからの小売業の1つの形ではないか?

参考記事

参考記事:日経MJ 1月4日 1面
記事タイトル:どこでもストア お客のそばへ

----記事の要約----

2012年、東京のとある駐車場には、ちょっと変わったお店がある。大漁旗を敷いた机の上には、iPad。なじみの客が、「今日、何かはいってる?」とiPadを覗き込む。

お店を運営するのは、吉川仁氏。iPadは、北海道小樽市の川嶋鮮魚店とテレビ電話でつながっていて、iPadの画面越しに顧客は商品の説明を受ける。当然、価格交渉も可能。まるで本当に小樽のお店にいるような臨場感。

吉川氏は、客と鮮魚店の会話を聞き、注文が確定したら、別なiPadで伝票をその場で作成。客から住所などを聞き出し、料金の支払い後、注文が確定。注文内容はメールで小樽のお店に届き、翌日配送される。吉川氏は15%を手数料として受け取る。

---ここまで---

新しいネットショップの形

この記事で紹介されているお店は、リアルのお店のようで、ネットのお店という、まさに融合された状態である。リアル店舗の良さ(対面販売)と、ネットの良さ(特産品がどこでも手に入る)をうまく融合し、現地でしか購入できないものを全国で販売することが可能になる。

これだけではない。下記のような特長を持っている。

1:翌日配送であるため、新鮮な魚がすぐに届くという、ネットショップの良さを残している
2:ネットショップの不安要素である「商品がよくわからない」をリアルのお店で解消
3:リアルのお店ではなかなか顧客情報を聞き出せないが、ネットショップの良さである「顧客情報収集による顧客リストの構築」を実現

本当にうまく融合した売り方といえる。感動した。

来店型でも移動型でも商売可能

加えて、iPadさえあればどこでも商売ができるというのは強みになる。リアルのお店やネットショップは「来店型」のお店であるが、吉川氏のお店の場合、駐車場でも公園でも、住宅街でも、団地でもどこでも商売ができる。要するに、来店型、移動型の店舗運営ができる。

さらに、最優良顧客には訪問型販売での営業なども十分可能なので、正確には、来店型、移動型、訪問型の3つの形でお店の運営が可能だ。しかも、実質、店舗はない状態なので、店舗維持コストもかからない。うまく考えたものである。

次のページ仕入れ先は無数。普段手に入らないものまでリアルで購入可能に

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

荻野 永策

株式会社ALUHA 代表取締役社長

Javaプログラミングができるマーケティング、営業戦略コンサルタント。

フォロー フォローして荻野 永策の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。