要注意!!あなたがつい見逃してしまう1つの競合とは?

2012.09.28

営業・マーケティング

要注意!!あなたがつい見逃してしまう1つの競合とは?

荻野 永策
株式会社ALUHA 代表取締役社長

今回のコラムは、差別化戦略を立案するときに、重要な「競合」についてです。あなたの会社の「競合」はどこですか?と聞かれたら、ついつい同じ地域にいる同業他社を競合といってしまいがちです。これは自分目線(あなた目線)による競合であって、間違っているわけではありません。しかし、たった1つだけ、忘れてしまいがちな競合がいることにお気づきでしょうか?その競合とは、「顧客が今使っている商品」です。

はじめに

こんにちは!株式会社ALUHAのWEB営業戦略コンサルタント「荻野永策」と申します。弊社は、“勝手に営業するWEB”をコンセプトに、WEBを活用した営業戦略の構築やコンサルティングなどを行っている会社です。この記事が、皆さんのお役にたてればと思っておりますので、ぜひ最後までご覧いただければと思います。

今回のコラムは、差別化戦略を立案するときに、重要な「競合」についてです。あなたの会社の「競合」はどこですか?と聞かれたら、ついつい同じ地域にいる同業他社を競合といってしまいがちです。これは自分目線(あなた目線)による競合であって、間違っているわけではありません。

しかし、たった1つだけ、忘れてしまいがちな競合がいることにお気づきでしょうか?その競合とは、「顧客が今使っている商品」です。「え?どういうこと?」と思ったあなた、忘れている可能性があります。「今使っている商品が競合?それはない」という方は、商材や業種によるのでその通りかもしれませんね。

なぜ「顧客が今使っている商品」が競合になるのか?

具体的に考えてみましょう。あなたが今、賃貸アパートに夫婦と子供で住んでいるとします。子供が大きくなってきたので、新築一戸建てを購入すると決めたとき、住宅の選定基準は「今のアパートでのライフスタイル」が中心になっていくと思います。

例えば、「住宅ローンは家賃以下で組みたい」などです。その証拠に、ハウスメーカーの中には「家賃と同額程度の住宅ローン」や場合によっては「家賃より安い住宅ローン」というアピールをしている会社もあるようです。この他にも、「今の住宅、子育てでこういうところが不便なので、こういう風にしてほしい」というようにハウスメーカーに注文すると思います。

このような例を考えても、今の生活が選定基準になっていると考えられます。つまり、「今使っている商品(例だと今住んでいる住宅)」と比較して、新しく購入しようとしている商品はどうなのか?を考えているということですね。「今使っている商品」よりも「良い商品」でなければ、「新しく購入する意味」がありません。だからこそ、「今使っている商品」は競合になりえます。当然、今よりひどくなる場合は、売れるはずもありません。ある意味では当たり前のことでもあります。

なぜ「顧客が今使っている商品」を競合として忘れてしまうのか?

商売とは、買い手と売り手で成立しますが、買い手である顧客は、自分が今使っている商品と比較して「どうなのか?」を自分中心に考えますし、売り手であるあなたは、「自社商品は他社製品と比べてどうなのか?」を自分中心に考えます。この「競合」を考える基準が異なるため、ついつい忘れがちになってしまいます。

次のページ忘れないためにも、「今使っている商品」を知ろう

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

荻野 永策

株式会社ALUHA 代表取締役社長

Javaプログラミングができるマーケティング、営業戦略コンサルタント。

フォロー フォローして荻野 永策の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。