日本を牽引する人と組織の根源にあるもの:子供化する社会と組織

2007.10.29

組織・人材

日本を牽引する人と組織の根源にあるもの:子供化する社会と組織

斉藤 秀樹
株式会社アクションラーニングソリューションズ 一般社団法人日本チームビルディング協会 代表取締役 代表理事

今、日本全体が不祥事、暴力、不誠実に揺れている。私は企業組織の再生に向けて様々な取組みをしてきました。そして今、主因のひとつに辿りつきました。「シリーズ:日本企業の80%以上の組織が崩壊?(3)」

■第三段階
この段階の人は、もはや他人を目的達成の手段と思うことはない。彼らは自分の欲望を管理し、自己の決めた規範や基準に従う能力を持つようになる。第二段階では主観となっていた衝動と欲望は、この段階では客観となる。その為彼らは、他の人の考えや感情を吸収し自分の考えの一部にし、他の価値観や他の人たちによって導かれるようになる。また、自分の行動と他人に対する行動を自覚していて、自分の欲望よりも重要なものに専念することができる。

■第四段階
この段階が、現代における成人のあるべき姿に一番近い、しかし、驚くことは、多くの成人がまだこの段階に達していないことである。この段階にいる人は、意思決定や摩擦を調整するための自己管理としての内的なルールや規定をもっている。その為、第二段階にいる人と違って他人に対し共感を持ち、それらの人の希望と意見を意思決定に取り入れる。また、第三段階にいる人と違い、意思決定に自分なりのシステムをもっているため、異なる意見の摩擦に困ることはない。このような人たちは、一般的に自分の仕事を理解し、自己管理や自己動機付け、自己評価ができる人たちだと言われている。

■第五段階
この段階は中高年以降にしか現れず、しかも極めてまれにしか現れない。この段階の成人は、第四段階をすべてクリアしている。また、二極的な観点で世界を見ることはしない。この段階の人は、自己の内的システムの限界を理解しており、内的システム自体が、多くの選択肢の存在を制限してしまう一因であることに気づいている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日々の不祥事やコンプライアンスがここまで問い直される背景、組織が組織としてのシナジーを生み出せない背景、その一因として若年層に限らない精神的未成熟、子供のまま権限と責任が大きくなる社会システム。この社会システムは時間をかけ構築され、今まさに顕在的な現象を生み出すに至ったのです。

このような視点からチームビルディングの必要性を考えると、チームビルディングの必要性や重要性がより鮮明になってきます。
つまり、幼少期から段階的に獲得すべき社会性の学習を逸した個人と組織に対す、社会性と発達段階の促進を追体験する場(気付き、学び、体感)としての重要な役割があるということなのです。
第二段階の人材を第三段階へ、第三段階の人材を第四段階へと成長させるための成長機会(気付き、学び、体感)の場の提供であるということなのです。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

斉藤 秀樹

株式会社アクションラーニングソリューションズ 一般社団法人日本チームビルディング協会 代表取締役 代表理事

富士通、SIベンダー等において人事・人材開発部門の担当および人材開発部門責任者、事業会社の経営企画部門、KPMGコンサルティングの人事コンサルタントを経て、人材/組織開発コンサルタント。

フォロー フォローして斉藤 秀樹の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。