失言ではなく性根が腐っている

2010.11.23

組織・人材

失言ではなく性根が腐っている

純丘曜彰 教授博士
大阪芸術大学 哲学教授

/言わなければいいのではなく、本音で思っているのなら、その正体は、その位にふさわしくあるまい。まして、位に足る能が無いにもかかわらず、賞として位にあるのは、周囲にとって迷惑。自動操縦に任せる時にこそ、その再設定の仕事に気を抜けないはずだ。/

 いらないことを言って信を失う人は、言わなければよかった、言わなければ信を失うこともなかった、と思うものらしい。だが、たとえ口に出して言わなかったとしても、本音ではそう思っているのであれば、その人は、もともと人々の信を得ていない、信を得るに足らないのだ。そして、そんなこともわからない程度なのだから、もともと、その位に就く能も無い。内輪での失言程度で済んだのなら、まだ被害が小さかったと言うべきだろう。もしそうでなかったなら、いずれ遠からず対外的な大失策をしでかして、取り返しのつかない事態に世の中を追い込んでいたかもしれない。

 ようするに、言った、言わないの問題ではない。そう思っているのであれば、そう思っている人であることの方こそが、その人の正体ではないか。正体として、人に言えないようなことを思っているような人物であるのなら、周囲を欺いて人前に出てくること自体、信に足る人物ではなく、当然に、むしろ事前に排除されるべき人物だったのではないか。

 もちろん、世の中には、本心を隠して人々を欺き、しかるべからざる地位に立っている人物も少なくはあるまい。実際、文民統制を、軍人に対する言論弾圧だ、と思っている軍人は、どこの国にも少なくないようであるし、いつか社長の寝首をかいてやろう、と思いながら、揉み手で社長にすりよっていく経営幹部など、どこの会社にもいるだろう。しかし、いずれにせよ、その真意の善悪是非以前に、表づらと本音が分離しているということだけで、本来であれば、信ぜらるべからざる人物だ。

 まして、位に足る能が無いにもかかわらず、賞として位を得るのは、本人にとって喜びであっても、周囲にとって迷惑、それどころか害悪でしかない。種々雑多な人々が艱難辛苦の末に実現した明治維新に際して、西郷隆盛も、この問題を大いに懸念し、新政府に対し、勲労は、禄をもって賞し、位をもってするなかれ、と進言する。そして、位は、人を選びてこれを授けよ、と言い残して、自分自身も故郷に退いてしまう。ところが、現代においても、お友だち取締役会では、仲良しというだけで、社長が自分の一派一党を周囲にはべらそうとする。というより、こんな社長には、そんな人材しか周囲にいないのだろう。しかし、こんな人材しか周囲にいないのなら、その社長本人からして、その位に足る能が無いのではないか。

 昨今、飛行機も、離陸以外はほとんど自動操縦でなんとかなる、と聞く。つまり、機長たちは、とりあえずは操縦席に座っているだけでいい、というわけだ。社長や重役も似たようなもの、と思っている向きもいる。だが、世の中は、いつも、いつもどおりというわけではない。状況が変れば、自動操縦でも、その再設定が必要になる。というより、その再設定をするためにこそ機長たちがいるのであって、むしろいまやもともと操縦するためにいるのではないと考えた方がよい。きちんと状況に応じて正しい再設定をすることができないのなら、そこにサルを座らせておいても同じことだ。

 位は、その位そのものが、その位としてすべきことを求めている。そこに、私心本音の余地など無い。ただ虚心坦懐に、その位そのものとしてすべきことを適格にするのでなければ、その位にいないも同然。機長たちも、自動操縦など、さして当てにならない、という大前提の上にこそ、存在意義がある。自動操縦に任している間こそ、それを見守る仕事に気を抜くことはできまい。ここに、余計な冗談など言っている暇はあるまい。

/by Prof.Dr. Teruaki Georges Sumioka

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

純丘曜彰 教授博士

大阪芸術大学 哲学教授

美術博士(東京藝大)、文学修士(東大)。東大卒。テレビ朝日ブレーン として『朝まで生テレビ!』を立ち上げ、東海大学総合経営学部准教授、グーテンベルク大学メディア学部客員教授などを経て現職。

フォロー フォローして純丘曜彰 教授博士の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。