目標達成のために

2007.04.10

組織・人材

目標達成のために

黒沼 憲司

専門分野ではないですが、代表取締役として心掛けていることを紹介したいと思います。

私は自分で決めた目標は必ず達成しなくてはならないと考えております。
皆様はどのように目標をとらえておりますか?
私は目標を「自分との約束」ととらえております。

先月の事ですが、お世話になっている某社I社長から
「面白く、ためになる研修に行ったんだけど、黒沼さんも参加してみれば?」とご紹介頂き、3日間の研修に参加してきました。そこでものすごく
納得した内容がいくつもあったのですが、一つご紹介させて頂きます。

以下のお題で、皆様はどちらの方が多いですか?

●他人と自分、どちらの約束を破る事が多いですか?

一般的には自分との約束を破る方が多く、他人との約束は絶対に
守るという方が多いと思います。でも、実はそれは非常に悪い事なのです。
では、他人と自分の約束を破ってそれぞれ失うものを挙げてみましょう。

【約束を破って失うもの】
●他人・・・信頼
●自分・・・自己信頼

他人との約束を破って「信頼」を失うのは当たり前ですが
自分との約束を破ると「自己信頼」、つまり「自信」を失って
いるのです。自分との約束を守り続ければ、「自信」にあふれ
どんな事にもチャレンジできるのです。

また、目標達成に必要なものとして、以下の項目はそれぞれ
どのくらいの比率だと思いますか?

「意図」:「方法」=「何?」:「何?」

どちらも重要なのですが、答えは

「意図」:「方法」=「10」:「0」、「10」:「無限大」
強い意図があれば、方法はいくらでも考えられるということです。

私も起業する時のモチベーションと研修に参加する前のモチベーションを
比べるとやはり起業する時のモチベーションの方が高かったと思います。
このモチベーションが強い意図であり、とても大事なことです。
外部研修に行って、非常に勉強になりました。

内容は他にもいくつもあったのですが、私は企業で目標達成するために
重要な要素として、以下を考えております。

●経営者または責任者の目標達成する強い意図
●スタッフも目標達成する同等の強い意図

あたりまえのことですが、この環境を作るには責任者が自ら
率先垂範し、スタッフをモチベートすることが重要です。
特に経営者または責任者は、いい意味も悪い意味も、「影響力」が
あります。自分では気づかないうちに悪い影響を与えている可能性も
ありますので、今一度、振り返ってみるのもいいかもしれません。

私も自分で決めた目標は必ず達成し続け、本当の意味での「責任者」に
なるべく、日々精進します。

株式会社ストラテジックマーケティング
代表取締役
黒沼 憲司

web制作 webマーケティングのストラテジックマーケティング

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。