メンタリングへの期待

2009.11.13

組織・人材

メンタリングへの期待

内田 正志

メンタリングを受ける人はそもそも何を期待しているのでしょうか?ここでは、前回と同じくメンタリングの対象となりやすい新入社員の期待について考えてみます。

私は、新入社員が抱くメンタリングへの期待には、大きく5つがあり、それぞれ以下のように対応するべきではないかと考えています。

 

 

特に難しいと感じているのは、3の相談に乗ってほしいというパターンです。
これには2種類あり、本当に悩みを抱えていて相談に乗ってほしいという場合と(自分なりにしっかりと考えている)、実はそれほど悩んでいないけどとりあえず自分の味方になってほしいという場合です。(自分なりにあまり考えていない・考えた気になっている)

前者の場合は、基本的には親身になって相談に乗るべきだと思いますが、後者の場合は、変に甘やかしてしまうと、長い目で見たときに、かえって本人のためにならないことが多いのではないかと思います。

いずれのパターンにおいても、表面的には相談という形が多いとは思いますが、まずはしっかりと期待を見極めた上で、対応していくことが大切だと感じています。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。