【リスク想定】新型インフルエンザの集団感染について考えてみる

2009.08.20

経営・マネジメント

【リスク想定】新型インフルエンザの集団感染について考えてみる

荒川 大
株式会社ENNA 代表取締役

厚生労働省から「本格的な流行がすでに始まっている」と発表がされましたので、9月上旬からの新型インフルエンザのリスクを考えてみたいと思います。

先のコラムで「パンデミックBCP」は不要と書きましたが、対策を講じる上で「BCP(事業継続性計画)」はとても重要になります。

しかし、新型インフルエンザは他の災害と異なり、社内で膨大な備蓄が必要になる可能性もあり、対策予算を考えると、コンサルティングを受けるよりも自分たちで対策を進め、コンサルティング費用をそのまま物質的な備蓄に回す必要があるとも考えています。

さて、以下では、簡単なリスク想定をしてみたいと思います。この展開の中から、それぞれの業種・業界におけるリスク想定にブレークダウンできれば、各社の対策も講じやすくなるのではないでしょうか。

◆ 9月からの感染拡大の経路について

①夏休みが終わり、小学校~高校に生徒が集まる
②集団感染の発生により、学級閉鎖が始まる
※ここがターニングポイントになるでしょう。
もし集団感染が発生しなければ、以下の展開は杞憂に終わります。
③生徒たちの自宅待機により家庭内での2次感染が広がる
※親子感染がケースとして少ないとしても、妊婦の感染・重症化が問題になっている以上は注意すべき点です。
④発症しにくい30代~50代は保菌者のまま発症せずに出勤
※潜伏期間を含めて、感染を防ぐのは「咳エチケット」の徹底しかありません。
⑤感染しやすい20代社員が、保菌者から感染して社内で集団感染(3次感染)
⑥感染者が病院へ殺到することにより院内感染が発生(4次感染)

◆本当に30代~50代は感染しにくいのか?

厚生労働省の発表では、集団感染数は700件弱。そして重症化している方々も10代以下と50代後半以上となっています。この情報だけで考えれば、やはり30代~50代の感染リスクは低いものと考えられます。

しかし、現在問い合わせを頂いている企業や取引先、また情報を提供して頂く方々のお話しを集めていくと、30代、40代、50代の感染も発症も普通にあると考えています。割合の問題だと思います。

営業部全体での感染、IT業界のプロジェクトチームの集団感染など、厚生労働省が把握していない職場での集団感染は意外と多いのではないかと思う事例が増えてきています。

お盆期間中に家族が集まっていたり、一人暮らしの大学生のお子様が帰省したために、親子で新型インフルエンザに感染した40代、50代男性もいらっしゃいました。

実際、新型インフルエンザの最大の脅威は「よく分からない」ということだそうです(厚生労働省の方のお話し)。

次のページ◆リスク想定の続き

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

荒川 大

荒川 大

株式会社ENNA 代表取締役

企業実務(総務・人事・法務・社内システム等)におけるコンプライアンス対応について、企業実務者の観点からの業務改善、内部統制対応等の支援を行なっております。

フォロー フォローして荒川 大の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。