結局「内々定」できたのは本人の素養次第だったのかも。

2009.05.26

ライフ・ソーシャル

結局「内々定」できたのは本人の素養次第だったのかも。

荒川 大
株式会社ENNA 代表取締役

関わってきた学生たちの9割が内々定を得て、大分終息した感の出てきた2010年入社の就職活動ですが、日経新聞の記事ではまだまだ内々定を得ている学生が半数というものもあり…。

1月に書いた「就職活動の長期化」予想から始まった趣味の延長のような就職活動支援でしたが、相談に来た学生達のほとんどが就職活動を終えましたので、今年の活動について振り返っておきたいと思います。

■ 内々定を得た学生の特徴

100名にも満たない学生達から得た感想ですので全体像を捉えているのかは不明ですが、内々定を得る学生と、なかなか得られない学生の差には共通のものがありました。

それは「素直さ」と「協調性」を感じられるのかどうか。本人の努力ではどうにもならないものではないかと感じながらも、その要素を引き出すためには、かなりの時間を要することもあり…。

ちなみに、この「素直さ」と「協調性」については、学生本人が素直で協調性があるかどうかではなく、面接という短い時間で、その要素を伝えられたかどうかということですので、別に人格を変えるなどと大げさに捉える必要はありません。

もし最終面接で通過しないという学生さんがいれば、このポイントはとても重要になると思います。

■ 採用内定数は予想以上に少ない

5月中旬で内々定を得ている学生が半数というのはここ数年になかった状況です。既に公務員試験に切り替えるという学生さんもいますし、大学院への進学へ切り替えた学生さんも多くなってきました。それぞれの試験の倍率が気になるところです。

現在採用活動を行っている企業もまだまだありますが、先に書いた素養をうまく伝えるには、意気消沈している状態ではいけません。気持ちを切り替える必要がありますし、志望動機を再設定しなければならないでしょう。

大学・大学院卒業後に正規雇用社員としてキャリアを積み始めることが重要であることは以前のコラムでも書きましたが、日本で働く以上、個人が考えている以上に日本での正社員という立場は5年後、10年後の人生を左右することになります。

■ 家族との関係から紐解くことも

やってはいけないことは「素直さ」をスキルと勘違いして、身につけようとすることでしょう。素直さも協調性もスキルではありません。
センスです。センスは元々持っていて、磨くことはできても、身につけたり外したりすることはできません。

センスを磨くためには…。ファッションであればファッションのセンスが高い方に学び、運動であればポイントを押さえて練習するでしょう。

ではメンタル面でのセンスを磨くためには…。当社であればカウンセリングと言いたいところですが、その前に家族や仲間との会話から始めて頂ければと思います。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

荒川 大

荒川 大

株式会社ENNA 代表取締役

企業実務(総務・人事・法務・社内システム等)におけるコンプライアンス対応について、企業実務者の観点からの業務改善、内部統制対応等の支援を行なっております。

フォロー フォローして荒川 大の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。