新型インフルエンザ対策は今年最大のビジネスチャンス ~BCMとCSR~

2009.04.03

経営・マネジメント

新型インフルエンザ対策は今年最大のビジネスチャンス ~BCMとCSR~

荒川 大
株式会社ENNA 代表取締役

リスクマネジメントの中でも国家レベルの紛争状態(の一歩手前)という問題が発生していますが、今だからこそ、ちょっとだけ考えて頂きたい、パンデミック対策とビジネスチャンスについて。

※本コラムは、危機管理と風評対策および、パンデミック時の事業継続に必要な感覚についてまとめたものです。

4月4日(土)に北朝鮮のミサイルかロケットが日本の上空を飛ぶという談話を発表した麻生首相。
さて、テポドンを打ち上げた発射台の土台が、その新ロケットの重さと推進力に耐えられなかったら…。発射台が傾いていたら…。そんな土木技術に対する不安については誰も語りません。大きくなったら基本的には重くなります。土台は耐えているのでしょうか。
もし傾いて発射された打ち上げっぱなしのロケットで、高高度に上がる自爆機能が付いていないものであれば、どこに落ちてくるのか分からないという状況になるのかもしれません。やはり、打ち上げ時間帯だけは、ニュースに耳を傾けておく必要があると思います。

リスクマネジメントの観点からすれば、東北地方を超えて飛ぶと想定されているけれども、イージス艦の配置や市谷、朝霞のPAC3は、完全な首都防衛になっていますので、これこそ本当のリスクマネジメントと言えます。

ちょっと前置きが長くなりましたが、新型インフルエンザ対策で考えるところの「パンデミック」は、この北朝鮮のロケットのようなものではないかと思えてきます。
脅威は確かにそこにあります(フェーズ3の状態)。しかし、いつ来るのかは誰も明確には分からず、国の対策と、ニュース報道だけが常に動いている状態。でも、企業はどうしてよいのか分からないので、静観している状態です。
どこに被害があるのか、どれくらいの被害があるのか、そもそも脅威は実際の脅威となるのか…。

そのような観点だけから考えると、確かに静観するしかないというのも一つの考え方ではあるのですが「BCM(事業継続性の管理)」の観点からすれば、脅威は想定し、受け入れて、対策するということが必要になります。

では今の日本国内でのパンデミック対策はというと、風邪で例えるならば「風邪をひかない方法」はどこでも考えられていますが、「風邪をひいたらどうするか」は決められていない状況です。仕事をどうするか、病院はどこにするか、家族にうつさないためにどうするか、そもそも誰も風邪をひかないと言えるのでしょうか。

企業でいえば「企業が風邪をひいて寝込んでしまった。3日間動けません。」となった場合のサプライチェーンは大丈夫なのでしょうか。仕入れは?部品の供給は?販売活動は?気になります。

パンデミック対策の場合は、人的リソースには多大な影響があるものの製造設備やIT機器には影響がないので、復旧のプロセスにおいてはIT技術が多大に貢献できるはずなのです。本来は。

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

荒川 大

荒川 大

株式会社ENNA 代表取締役

企業実務(総務・人事・法務・社内システム等)におけるコンプライアンス対応について、企業実務者の観点からの業務改善、内部統制対応等の支援を行なっております。

フォロー フォローして荒川 大の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。